ページの先頭です。


市長のフォトダイアリー 2018年12月

掲載日:2018年12月28日更新

2018年12月28日 仕事納め式を行いました

市長就任から今日まで、持てる力すべてを出して駆け抜けた9か月。この短期間の中において、当初想定しえないような多くの仕事や出来事がありました。市職員の皆さんには、時に難題を課す場面もありましたが、市民の皆様のために、それぞれの職場で職務を懸命に遂行いただきまして深く感謝します。
市民の皆様並びに職員の皆さんが、穏やかに新年を迎えられることを心より祈念申し上げます。
良いお年をお迎えください。

仕事納め式を行いました仕事納め式を行いました

2018年12月26日 野口倉庫株式会社を訪問しました

物流ソリューション業務を担う野口倉庫株式会社を訪問しました。市内を拠点に倉庫を構え、通販、流通加工、バックオフィス支援、配送サービスなど幅広く物流コンサルティング業を行っておられ、戸田市シルバー人材センターの会員も多く活躍されています。常にお客様のためを想い、効率やコストを改良し続けられている姿勢に深い感銘を受けました。今後も益々のご発展を祈念しております。

野口倉庫株式会社

2018年12月20日 戸田市消防総合演習に参加しました

国道において乗用車と路線バスが衝突し多数の傷病者が発生した想定で、消防総合演習を実施しました。ドクターヘリも飛来し、臨場感溢れる現場では、消防並びに関係機関が連携し、救助・救護・搬送等諸活動が円滑に遂行されました。今後もこうした総合演習等を通じて、関係機関との連携を深めるとともに、消防力の強化を図ってまいります。

 閉会式市長挨拶 訓練の様子

2018年12月17日 笹目中学校の渡会 太一選手の表敬訪問を受けました

11月に行われた2018全日本カート選手権(FS-125部門)東西統一戦において、初出場ながら見事「優勝」という成績を収められた戸田市立笹目中学校の渡会 太一選手の表敬訪問を受けました。学業との両立の中で臨んだレースの様子について、実際の迫力あるレース映像の解説をしていただきながら、教えていただきました。上位カテゴリーへのステップアップを目指し、渡会選手の更なる活躍を期待しております。

渡会選手表敬訪問

2018年12月17日 日本モーターボート選手会埼玉支部より寄附をいただきました

毎年8月にボートレース戸田大駐車場を中心に開催されている「第44回戸田ふるさと祭り」。日本モーターボート選手会埼玉支部には、ボートレースの普及啓発を目的として、このふるさと祭りに毎年出店をしていただいています。
この度、社会貢献活動の一環として、この戸田ふるさと祭りでの物販活動の収益を戸田市に寄付いただきました。支部長であり、選手としても活躍されている須藤 博倫選手が市長室にお越しくださいました。誠にありがとうございます。

日本モーターボート選手会埼玉支部より寄附をいただきました

2018年12月17日 日本体育大学との包括連携協定を締結しました

今回の包括連携協定では、「相互の教職員等の交流又は指導員等の派遣等に関すること」など、多岐にわたる分野において連携を進めていくこととなりました。日本体育大学の強みである、体育・スポーツを基礎とした豊富な教育資産や、スポーツを通じた青少年の育成等は、今後本市が強化していく事業の質の向上に大きく寄与するものであると考えております。
日本体育大学は私の母校でもあり、こうして包括連携協定を締結できたことは、大変心強く感じております。

日本体育大学と包括連携協定を締結しました

2018年12月13日 職員提案審査委員会に出席しました

今年度の職員提案では、行政運営の効率化に関する提案や市民サービスの向上に資する提案が11の課から積極的に提出され、若手職員が中心となりプレゼンテーションが行われました。職員の皆さんには、今後も改革への意欲を絶やすことなく、フレッシュな発想で意欲的に業務に取り組んていただくことを期待しています。

職員提案審査会

2018年12月12日 株式会社トンボ楽器製作所を訪問しました

100年を超える長い歴史を持つ同社のハーモニカやアコーディオンは、数多くの著名なアーティストを含め多くの方に愛用されています。今回、リードの製作や組み立て、音色の調整作業を見学、体験させていただきました。手作業による丁寧な調整はまさに職人技であり、伝統に培われた技術と作り手の思いが美しい音色につながっていると感じました。今後も音楽の楽しさや魅力を多くの皆さんに広めていただけるものと期待しています。

ハーモニカの製造を視察する市長

2018年12月12日 まち・ひと・しごと創生総合戦略効果検証会議提言書提出式に出席しました

本市では「戸田市まち・ひと・しごと創生総合戦略」により、将来にわたる活力あるまちの実現に向け、様々な事業に取り組んでいます。本会議では、これらの効果を検証し、今後の事業展開等について、各分野でご活躍の委員の方々より専門的見地からご意見をいただく、貴重な機会となっています。このたび多くの貴重なご提言をいただきましたので、今後の取組みに生かしてまいりたいと考えています。

提言書を受け取る市長

2018年12月9日 ボーイスカウト戸田第一団クリスマス会に参加しました

ボーイスカウト戸田第一団では、子供たちの純粋な好奇心や探求心に応え、様々な活動を通して心身ともにバランスの取れた人格形成を目指して活動が行われています。今年もキャンプや募金活動といった野外活動だけでなく、戸田マラソンや上戸田ゆめまつりなどの奉仕活動にも取り組まれ、子供たちの「生きる力」が育まれてきたのではないでしょうか。今回のクリスマス会では、子供たちの交流が更に深まったと思います。今後も、かけがえのない仲間たちと支え合い、共に成長していくことを期待しています。

ボーイスカウト戸田第一団クリスマス会の様子

2018年12月9日 新曽公民館まつりに参加しました

新曽公民館では、サークル活動の成果発表や作品の展示に加え、趣向の凝った企画が行われており、心が癒されるひと時となりました。茶会でおいしいお茶やお菓子をいただいた後、藍染めや手工芸品などの展示を鑑賞したところ、笑顔で分かりやすく説明をしてくれた皆さんが非常に印象的でした。今後も、公民館が出会いや学び合いの場として利用され、地域に欠かせない皆さんのサードプレイス(第三の居場所)であり続けることを願っています。

新曽公民館まつりの様子

2018年12月8日 年末年始特別警戒出陣式に出席しました

蕨警察署で開催された年末年始特別警戒出陣式に出席いたしました。部隊巡閲では、日頃から地域のためにご尽力いただいている警察官の節度ある動きに大変な頼もしさを感じ、改めて、蕨警察署員の皆様に感謝の思いを強く持ちました。当市といたしましても、蕨警察署との更なる連携を図り、青パトによる巡回などの防犯活動を引き続き行ってまいります。年末年始も、市民の皆様が安全に安心して生活いただけることを願っております。

年末年始特別警戒出陣式の様子

2018年12月2日 ボート部学生と地域住民との交流イベントを見学しました

ボートコース周辺地域の旭が丘町会とボートコースで活動する大学ボート部の皆さんの交流イベントを見学しました。町会の皆さんからは防災組織などの紹介、大学ボート部の皆さんからは日ごろのボート部活動の紹介などを通じて、相互理解と交流を深めることを目的に開催されています。また、旭が丘町会と上前町会の子ども会との、かるた大会やローイングエルゴメーター競争などは、まさに「ボートのまち とだ」ならではの交流イベントとの印象を受けました。こうした地域の絆を強固にする素晴しい交流の輪がますます広がっていくことを期待しています。

かるた大会を見学する市長

2018年12月1日 こどもの国地域イルミネーション点灯式に参加しました

こどもの国地域イルミネーションは、周辺地域の防犯対策と景観美化を目的としており、さらには子どもたちに夢を与え、愛されるイベントにしていきたいという願いを込めて実施しています。地域の皆さんのご協力により、こどもの国の周辺地域は、青と白を基調とした26万球を超えるイルミネーションが素敵な光の空間を演出しています。このイルミネーションを通じて、子どもたちの健やかな成長と、それを育む地域の皆さんの温かい輪が益々広がっていくことを期待しています。

イルミネーション点灯式で挨拶する市長

2018年12月1日 収穫祭に参加しました

収穫祭は市内農家の方々、姉妹都市の埼玉県美里町、友好都市の福島県白河市、本市と交流のある静岡県沼津市、東伊豆町、長野県富士見町の方々など、大変多くの皆様にご協力をいただき開催しております。産地直送の新鮮な農作物や海産物をご提供いただきましたことで、市民の皆様にも大変喜んでいただくことができました。この収穫祭が、農業や食への理解を深めるとともに、人と人とのつながりを感じる機会となりましたら嬉しく思います。

収穫祭で挨拶する市長

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。