このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 令和4年度からの保健事業の見直しについて
トップページ > 分類からさがす > 健康・医療・福祉 > 健康 > 健康診査・検診 > 令和4年度からの保健事業の見直しについて

本文


令和4年度からの保健事業の見直しについて

掲載日:2022年5月27日更新

令和4年度から国民健康保険保健事業の制度について

後期高齢者医療保険の保健事業は変わりませんので、ご注意ください。

国民健康保険人間ドック検診費用補助事業

制度の改正内容

令和4年4月1日受診分から適用されます。

人間ドック検診費用補助金事業改正内容
  現行(令和3年3月31日まで) 改正後(令和4年4月1日から)
申請方法 医療機関予約後に、事前に市に申請し、検診票を受領する。 事前申請は不要
窓口での支払い

受診者は病院窓口で補助額分が差し引かれた料金を支払う。

受診者が病院に全額を支払う
補助金の請求

医療機関が市役所へ請求し、市が医療機関に補助金を支払う。

受診者が人間ドックの領収書と健診結果(写)と共に、市に申請・請求する 。

審査後に、受診者に補助金が支払われる。

補助額 上限25,000円 上限13,000円
実施医療機関 (戸田蕨市内)指定6医療機関

全国の人間ドック実施医療機関

ただし、市が指定した検査項目を満たす人間ドックのみ

特定健診との併用 同一年度内にどちらも利用可能

同一年度内は、

「特定健康診査」または、

「人間ドック検診費用補助金」のどちらか一方のみ

令和4年度以降の人間ドック検診費用補助事業についてはこちら

脳ドック検診費用補助事業

令和4年3月31日をもって補助事業は終了しました。

保養施設宿泊利用費助成事業

令和4年3月31日をもって助成事業は終了しました。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ