ページの先頭です。


B型肝炎予防接種

掲載日:2019年7月29日更新

2019年度(平成31年度)予防接種

B型肝炎

福祉保健センター保健政策担当マスコットちっくりんのいらすと

B型肝炎とはどんな病気?

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染によって起こる肝臓の病気です。B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この場合をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。

ワクチンの副反応

接種局所の紅斑、腫脹(はれ)・硬結(しこり)、疼痛・圧痛、全身反応として発熱、易刺激性などがみられます。極めてまれに、アナフィラキシー、急性散在性脳脊髄炎などにかかることがあるといわれています。

接種対象者

1歳未満

(注釈)母子感染予防のために抗Hbs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受けた場合は、定期接種の対象外となります。

接種回数

3回(2回目は1回目の接種から27日以上の間隔をおくこと。3回目は1回目の接種から139日以上の間隔をおくこと。)

接種料金

全額公費負担

接種方法

「戸田市保健ガイド」に掲載している医療機関にご予約の上、接種してください。
「戸田市保健ガイド」の内容については、こちらのリンク先のページをご参照ください。

持ちもの

母子健康手帳、健康保険証等(住所、氏名、生年月日が確認できるもの)

お問い合わせ

福祉保健センター 保健政策担当 電話:048-446-6479

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。