このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険に関するよくある質問

本文


国民健康保険に関するよくある質問

掲載日:2019年2月7日更新

Q.国民健康保険に加入するためには何が必要ですか?

A.加入の届出に必要なものは、次のとおりです。

(1)職場の健康保険や国民健康保険組合をやめたとき(被扶養者含む)

  1. 社会保険等資格喪失証明書、離職票または退職証明書のうち、いずれか1点
  2. 年金手帳(60歳未満の方)
  3. 印鑑(朱肉を使うもの)
  4. 加入する人及び世帯主のマイナンバーカード又は通知カード
  5. 窓口に来庁された人の顔写真付きの身分証明書(不持参でもお手続きはできます。)

手続き後、加入期間証明書を発行し、保険証は簡易書留郵便でお送りします。ただし、顔写真付きの身分証明書でご本人確認がとれた場合は、その場で保険証を交付いたします。

国民健康保険の加入は、届出日に関わらず、以前の社会保険等資格喪失日からとなります。
保険税の納税義務もさかのぼって生じますので、ご注意ください。
また、国民健康保険の加入の届出ができるのは、社会保険等の資格喪失日以降となります。

(2)戸田市に転入したとき

前住所地の国民健康保険に加入していた場合(日本国籍の方)

市民課にて、転入手続きと同時に国保加入手続きをします。

前住所地の国民健康保険に加入していなかった場合(日本国籍の方)

必要なものは、「(1)職場の健康保険や国民健康保険組合をやめたとき」と同じです。その際、加入日は、社会保険等の資格喪失日と転入日のどちらか近いほうとなります。

外国籍の方で、在留資格が3ヶ月を超える場合

住民登録手続きが済んだら国保加入手続きをします。必要なものは、在留カード、パスポートです。加入日は、転入日と3ヶ月を超える在留資格を取得した日のどちらか近いほうです。

Q.会社の健康保険に入った(扶養になった)のですが、どんな手続きが必要ですか?

A.国民健康保険をやめる手続きが必要です。届出に必要なものは、次のとおりです。

  1. 社会保険の保険証または資格取得証明書(やめる人全員)
  2. 戸田市国民健康保険の保険証(やめる人全員)
  3. 国民健康保険をやめる人及び世帯主のマイナンバーカードまたは通知カード
  4. 窓口に来庁された人の顔写真付きの身分証明書

以上を持参のうえ、戸田市役所保険年金課までお越しください。また、国保をやめる手続きは郵送で行うことができます。郵送用の書類をお送りしますので、保険年金課国保賦課担当までご連絡ください。

社会保険等の資格取得日以降は、国民健康保険の保険証を使うことができませんのでご注意ください。

社会保険の資格取得日以降に国民健康保険の保険証を使用して保険給付を受けたときは、不当利得として全額を返還していただくことになります。

社会保険等の加入手続き中(社会保険の保険証が交付される前)に医療機関で受診するときは、加入手続き中であることを医療機関に知らせた上で、医療機関の指示に従ってください。

国民健康保険加入・喪失に係る申請書のダウンロードはこちら(リンク先の(1)の書式を使用してください。)

Q.国民健康保険税について教えてください。

A.この内容の詳細につきましては、国民健康保険税に関するページをご覧ください。

Q.国民健康保険の保険証を紛失してしまったのですが、再発行できますか?

A.申請により再発行いたします。また、通常の加入手続きと同様、保険証は簡易書留郵便で郵送します。ただし、顔写真付きの身分証明書でご本人確認がとれた場合は、その場で保険証を交付いたしますので、免許証やパスポートなどをお持ちの方は、ご持参ください。

再交付の申請は、戸田市役所保険年金課、美笹支所及び戸田公園駅前出張所で受け付けています。

保険証には個人情報が記載されていますので、紛失の際は、警察に紛失届を提出しておくことをおすすめします。

保険証再交付申請書のダウンロードはこちら(リンク先の(2)の書式を使用してください。)

Q.70歳になると医療費の自己負担はどうなりますか?

A.国民健康保険に加入している人が70歳になると、所得により、医療費の自己負担は1割負担(1944年(昭和19年)4月1日以前生まれで、3割負担ではない方)、2割負担、3割負担のいずれかになります。

この内容の詳細につきましては、高齢受給者証に関するページをご覧ください。

Q.退職者医療制度とはどのような制度ですか?

A.退職者医療制度についてのページをご参照ください。

Q.国民健康保険の高額療養費に該当するのはどんなときですか?

A.国民健康保険に加入している人の、一ヶ月に医療機関で支払った一部負担金がその世帯の基準額を超えたとき、超えた分が高額療養費として支給されます。該当する場合、診療月から概ね3ヶ月を経過した後に通知します。また、高額療養費の世帯の基準額や算定方法は、年齢や所得などの条件によって決まります。

この内容の詳細につきましては、高額療養費に関するページをご覧ください。

Q.人間ドック・脳ドックの検診費用の助成を受けるにはどんな手続きが必要ですか?

A.国民健康保険に加入している人のうち、国民健康保険税を完納している35歳以上(脳ドックは40歳以上)の人を対象とし、人間ドックは25,000円、脳ドックは受検費用の7割(ただし50,000円を限度とする)が支給されます。まずは医療機関にご自身でご予約いただき、検診を受ける前日までに、保険年金課窓口まで申請にお越しください。

この内容の詳細につきましては、人間ドック・脳ドックの検診料の助成に関するページをご覧ください。

Q.保養施設宿泊利用費の助成を受けるにはどんな手続きが必要ですか?

A.国民健康保険に加入していて、国民健康保険税を完納している人が対象となります。1年度に2泊まで、おとな(中学生以上)1名につき3,000円、こども(小学生に限る)1名につき2,000円の助成が受けられます。まずは宿泊施設に直接ご予約いただいた後、保険年金課窓口まで申請にお越しください。

この内容の詳細につきましては、保養施設宿泊利用費助成事業に関するページをご覧ください。

Q.国民健康保険の特定健診を受けるにはどうしたらよいですか?

A.特定健診・特定保健指導についてのページをご参照ください。

Q.確定申告で医療費のお知らせ(医療費通知)を使いたいのですが?

A.国民健康保険に加入している人に対し、年に6回(4月、6月、8月、10月、12月、2月)医療費のお知らせを送付しております。戸田市の医療費のお知らせは国税庁が指定した確定申告の添付書類としての要件を満たしているため、申告にご利用いただくことができます。紛失された場合は再交付も可能です。

この内容の詳細につきましては、医療費のお知らせ(医療費通知)に関するページをご覧ください。

Q.国民健康保険では、一人当たりどれくらいの医療費がかかっているのですか?

A.以下のとおりです。

1.一人あたり医療費について

区分

2016年度

一人あたり医療費額

2016年度

埼玉県内順位(63市町村中)

2015年度

一人あたり医療費額

2015年度

埼玉県内順位(63市町村中)

戸田市国保一人あたり医療費(注釈)
一般被保険者(前期高齢者含む) 281,593円 63位 284,529円 63位
退職被保険者等 385,099円 25位 367,227円 39位
前期高齢者(65歳~74歳) 541,179円 1位 560,817円 1位

(注釈)一人当たり医療費とは、その年度内に戸田市国民健康保険を利用して受診したことで発生した医療費の総額(10割分の額)を年度平均被保険者数で除したものです。

(1)一般被保険者の2016年度(平成28年度)の一人当たり医療費額は2015年度(平成27年度)に対して微減しており、埼玉県内では最も低い水準を10年以上維持しています。

(2)退職被保険者等の2016年度(平成28年度)の一人当たり医療費額2015年度(平成27年度)に対して微増しており、県内平均を上回る水準で推移しています。

(3)前期高齢者の2016年度(平成28年度)の一人当たり医療費2015年度(平成27年度)に対して微減していますが、2012年度(平成24年度)から5年連続で県内トップとなっています。

2.年齢区分(5歳きざみ)別被保険者数構成率および一人あたり医療費の特徴について(市町村平均との比較)

(1)0歳~14歳の区分は市町村平均に比べ、被保険者数が多いため、その分医療費も高くなっています。

(2)15歳~54歳の区分は市町村平均に比べ、被保険者数は多いですが、医療費は低くなっています。

(3)55歳~59歳の区分は被保険者割合、医療費共にほぼ同水準ですが、60歳~74歳の区分は市町村平均に比べ、被保険者数は少ないにもかかわらず、医療費は高くなっています。

この内容の詳細につきましては、戸田市国保一人当たりの医療費の状況について(2016年度決算ベース) [PDFファイル/127KB]をご参照ください。

Q.国保広域化について教えてください。

A.国民健康保険制度はこれまで市町村がそれぞれ保険者として運営していましたが、2018年度(平成30年度)からは都道府県と市町村とが共同で運営していくことになりました。
戸田市の場合は、埼玉県と共同保険者となって国民健康保険制度の安定化を図っていきます。
詳しくは、埼玉県国保医療課のホームページをご参照ください。(埼玉県のホームページに移動します。)

また、広報戸田市に国保広域化についての記事を掲載しましたのでこちらもご参照ください。

広報戸田市 2018年(平成30年)3月1日号

広報戸田市 2018年(平成30年)6月1日号

広報戸田市 2018年(平成30年)9月1日号

このページのトップに戻る。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ