このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 健康・医療・福祉 > 健康 > 健康診査・検診 > 2020年度(令和2年度)特定健診・特定保健指導について

本文


2020年度(令和2年度)特定健診・特定保健指導について

掲載日:2020年11月12日更新

「2020年度(令和2年度)戸田市国民健康保険特定健康診査のご案内」の訂正について

2020年(令和2年)8月24日(月曜日)に発送した、「戸田市国民健康保険特定健康診査のご案内」(黄緑色のA3サイズ観音開き)について、一部誤りがありましたので、下表のとおり訂正します。

「特定健康診査のご案内」の訂正内容
該当ページ

「人間ドック費用助成のご案内」

戸田中央総合健康管理センター

電話番号 0120-388-811

戸田中央総合健康管理センター

電話番号 0120-338-811

「【戸田市】実施医療機関一覧」

中島病院

大腸がん検診実施「可」

中島病院

大腸がん検診実施「不可」

「【蕨市】実施医療機関一覧」

蕨市立病院

乳がん検診実施「不可」

蕨市立病院

乳がん検診実施「可」

2020年度(令和2年度)特定健診について

(1)特定健診とは

生活習慣病の前段階としてのメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診を行い、メタボリックシンドロームま

たはその予備群かどうかを判定します。なお、健康診査費用は全額市が負担しますので、無料です。

(2)特定健診の内容

喫煙・飲酒等生活習慣に関する質問、身長・体重・腹囲・血圧等の身体計測および脂質・肝機能・血糖・尿の検査など。

独自追加項目として、尿酸及びクレアチニンを実施しています。

(3)新型コロナウイルス感染症による実施方法の変更について

新型コロナウイルス感染症拡大を受け、今年度から以下のように実施方法を変更しています。

  1. 実施期間は、令和2年(2020年)9月1日(火曜日)から令和3年2月28日(日曜日)まで
  2. 事前電話予約制(受診するには、医療機関への予約が必要です)
  3. 健診受診時は必ずマスクを着用してください

実施期間中でも、感染症拡大の状況等により休止することがあります。

(4)対象者(健診を受けられる人)

年度を通じて戸田市国民健康保険に加入している(と見込まれる)40歳から74歳までの人

2020年(令和2年)4月1日時点で加入している人には、受診券及び記録票を8月末頃にお送りしていますが、4月2日以降に加入された人は、12月末までに申込みが必要です。申込み翌月末(9月申込みは10月末)に受診券を発送します。

 特定健康診査受診券交付申請書はこちらです [PDFファイル/109KB]

受診券が届いた後、受診日において国保資格を喪失している場合は対象外です。

(5)受診期間

2020年(令和2年)9月1日から2021年(令和3年)2月28日まで

(6)受診するときに必要なもの

  1. 受診券(対象者にお送りしています。氏名等の記載事項をご確認ください)
  2. 記録票(受診券に同封しています。質問事項をあらかじめご記入ください)
  3. 国民健康保険の保険証
  4. マスク

(7)受診方法

  1. 受診券が届く(黄色の封筒に入っています)
  2. 特定健診を申し込む(実施医療機関へ電話で予約をしてください)
  3. 予約をした医療機関にて特定健診を受診する(当日はマスクの着用をお願いします)
  4. 結果を確認する(後日、医療機関から健診結果をもらいます)

 

(8)実施医療機関

蕨戸田市医師会に加入している参加医療機関

詳しくは、下記のパンフレット中面の実施医療機関一覧をご覧ください。

令和2年度(2020年度)戸田市国民健康保険特定健康診査のご案内 [PDFファイル/1.77MB]

(9)費用

無料

(10)受診券の再交付について

受診券を紛失等された場合は、再交付ができます。下記の再交付申請書にご記入のうえ、保険年金課窓口または郵送にて申請してください。(郵送の場合は戸田市役所保険年金課国保給付担当まで送付してください。)

特定健康診査受診券再交付申請書 [PDFファイル/109KB]

新型コロナウイルス感染症対策について

厚生労働省では、「健診対象者の疾病の発見の遅れや症状の悪化の可能性を踏まえること」、「感染リスクを考慮した環境(三密の回避等)を整備すること」「健診実施機関と相談のうえで実施すること」などの留意事項を通知しております。

この通知を受け、市と委託機関である蕨戸田市医師会において「事前予約制の導入」「健診受診環境の整備」「健診受診時のマスク着用の徹底」等の実務調整を行い、今年度の特定健診を実施しています。

また、各医療関係学会から「健康診断実施時における新型コロナウイルス感染症対策について」文書が発出されております。

「健康診断実施時における新型コロナウイルス感染症対策について」(日本人間ドック学会ホームページ)

特定保健指導について

(1)特定保健指導とは

メタボリックシンドロームまたはその予備群の人に対し、生活習慣病を予防するため、健康的な生活習慣を身につけるための指導を行います。

(2)特定保健指導の内容

  • 積極的支援(生活習慣改善の必要性が高い人が対象となります。)
    保健師等が作成する「支援計画」に基づき、定期的かつ継続的に支援を受け、生活習慣の改善を目指します。
  • 動機付け支援(早急な生活習慣改善の必要性はないが、注意が必要な人が対象となります。)
    保健師等の支援を受け、生活習慣の改善すべき点を自覚し、自ら目標を設定し行動に移すことを目指します。

(3)対象者(保健指導を受ける人)

特定保健指導基準の表

(注釈1)BMI=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)

(注釈2)対象者には、特定保健指導利用券をお送りします。なお、利用料は無料となります。

(注釈3)対象者以外の人には、健診結果の提供に合わせ、生活習慣の改善に関する基本情報を提供します。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ