ページの先頭です。
トップページ > 組織からさがす > 環境課 > 資源物(古紙)の持ち去りについて


資源物(古紙)の持ち去りについて

掲載日:2017年12月13日更新

資源物(古紙)の持ち去りについて

市内全域において、資源物(古紙)の持ち去り行為が相次いでいます。

市の古紙回収はワゴン車や軽トラックではなく、ダンプです

市が指定する業者以外によるごみの回収は違反行為です。(「戸田市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例」違反)

このような行為を見かけたらすぐに警察に通報するか、ナンバーを控えて市環境課までご一報ください。

なお、直接注意したり、車両を制止する行為は、トラブルや危険を伴う場合があるのでやめましょう。

持ち去り防止啓発ポスター [PDFファイル/725KB]

GPSによる古紙の持ち去り追跡調査を実施しています

GPSによる古紙持ち去り追跡調査とは、市でGPSを装着した古紙の束をごみ集積所に置き、この古紙が持ち去られた場合、

GPSにより受け入れ施設や輸送ルートを特定し、今後当該持ち去り者から古紙を買い取らないよう指導することで持ち去り

行為の根本を解決し、撲滅を図るものです。

その他の持ち去り防止対策

1.監視パトロール

ドライブレコーダー付きの公用車に市職員が乗車し、持ち去り行為の監視にあたっています。

また、町会の方も監視パトロールにご協力いただいております。

2.禁止命令書の交付

持ち去り行為の現場を発見した場合は、条例違反行為であることを確認し、禁止命令書を交付します。

それでも違反行為をやめない持ち去り行為者に対しては、警察への告発を行い、裁判所の判決を経て

20万円以下の罰金が科されます。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。