このページの本文へ移動
ページの先頭です。

本文


水道水の放射性物質について

掲載日:2019年11月28日更新

戸田市の水道水放射性物質検査について

戸田市では、厚生労働省が示した「水道水中の放射性物質に係る指標の見直しについて」(2012年4月1日施行) [PDFファイル/227KB]に基づき、検査を実施しております。
現在、県水(大久保浄水場から受水)については、大久保浄水場の水質検査結果を活用しています。
毎日の検査結果については、埼玉県ホームページにてご覧いただけます。(2014年9月からは検査頻度が週1回に変更となります)
戸田市の自己水(井戸水)については、3ヶ月に1回水中の放射性物質検査をしています。
県水及び自己水についての測定結果をお知らせします。
次回の自己水の検査実施は2020年1月を予定しております。

水道水放射性物質検査
採水場所 採水日時 放射性ヨウ素
(ヨウ素131)
(ベクレル/キログラム)
放射性セシウム
(Cs-137)
(ベクレル/キログラム)
放射性セシウム
(Cs-134)
(ベクレル/キログラム)
大久保浄水場
(県水)
11月27日
(注釈1)
不検出 不検出 不検出
中部浄水場
(中部系井水)
10月11日 不検出 不検出 不検出
西部浄水場
(西部系井水)
10月11日 不検出 不検出 不検出

(注釈1)県水の検査結果の掲載は、月1で更新いたします。
(測定機関:株式会社 江東微生物研究所)

検査結果は、基準値放射性セシウム(セシウム134及びセシウム137の合計)10ベクレル/キログラムを下回っています。
したがって、戸田市の水道水については、安心してご利用いただける状況です。
水道水の放射性物質についての質問は、「水道水の放射性物質に関するQ&A」をご覧ください。


ページトップへ