このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > くらしの情報 > 消防 > 施設・設備・車両 > 戸田市消防本部 > 日本語が話せない外国人からの119番通報の対応について

本文


日本語が話せない外国人からの119番通報の対応について

掲載日:2019年7月31日更新

多言語通訳サービスを導入

戸田市では、2018年4月より日本語が話せない外国人からの119番通報に対応できるよう多言語通訳サービスを導入しました。導入したことにより、日本語対応と同じように消防・救急サービスを迅速、正確に提供できるようになりました。

多言語通訳サービスとは

日本語が話せない外国人からの119番通報に指令員が対応困難と判断した際、通訳センターに繋げ三者間で通話することができます。また、現場対応時にも活用できます。

三者間同時通訳の流れ。1日本語が喋れない外国人からの通報2指令室員3通訳センターの三者間で通話できる。

対応時間

24時間365日対応

対応言語(18言語)

英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、マレー語、ミャンマー語、クメール語、モンゴル語


ページトップへ