このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 組織からさがす > 河川課 > さくら川整備事業

本文


さくら川整備事業

掲載日:2022年4月1日更新

さくら川とは

さいたま市と戸田市の約4.7平方キロメートルを流域とし、さいたま市境を最上流、戸田市笹目南町の一級河川笹目川への合流部を最下流とし、市内の西部を流下する延長約3.4キロメートルの普通河川です。

さくら川は、かつて荒川の堤防築造に伴い、水田から荒川へ直接排水できなくなったため、これを補完する農業用排水路として、当時は「荒川左岸排水路」の名称で整備されました。

しかし、近年の都市化に伴い、水田が減少したことから、農業用排水路としてではなく、流域からの雨水を流下させる水路として利用されるようになりました。

その後、2005年(平成17年)7月7日に市民からの公募によって、現在の「さくら川」へと名称が変更されました。

さくら川は、その名のとおり、春には沿川を桜が彩るお花見スポットとしてもお楽しみいただけます。

 

さくら川整備計画表紙

さくら川整備計画パンフレット [PDFファイル/3.62MB]

整備状況

さくら川については景観にも配慮し、時間雨量50ミリメートル程度の雨水を安全に流下できる構造で整備を進めており、延長約3.4キロメートルの内、約47パーセントの護岸改修が完了しております(2022年(令和4年)4月時点)。

さくら川整備状況図(2022年4月時点) [PDFファイル/1.06MB]

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ