このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 市政情報 > 行政運営 > 補助金・助成金 > 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等への支援情報について

本文


新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等への支援情報について

掲載日:2020年6月1日更新

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等への支援について

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変した学生等への給付や貸付制度等についてまとめました。
支援内容や、手続きの詳細については、各問い合わせ先にご確認ください。

文部科学省「新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等への経済的支援一覧」

「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』

新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、世帯収入の激減、アルバイト収入の激減・中止等により修学の継続が困難になっている学生(大学、短大、高専、専門学校等)に対し、現金(住民税非課税世帯の学生等:20万円、それ以外の学生等:10万円)を支給することで支援を行うものです。

問い合わせ・申込み先   

 在学している各大学等の窓口 

外部リンク    

学びの継続のための「学生支援緊急給付金」 (外部サイトへリンクします)

文部科学省

 

 

高等教育の修学支援新制度 【非課税世帯及びそれに準ずる世帯】

高等教育の修学支援新制度(授業料等減免、給付型奨学金)は、住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生(大学、短大、高専、専門学校等)を対象として支援するものです。

住民税は、前年所得をもとに算定されていますが、新型コロナウイルス感染症の影響等予期できない事由により家計が家計が急変した場合には、家計急変後の収入見込みにより要件がを満たすことが確認できれば支援対象となります。

 

申込み先   

 在学している各大学等の窓口 (各大学等を通じて日本学生支援機構に申込みを行います。)

問い合わせ先

在学している各大学等の窓口
日本学生支援機構奨学金相談センター 電話0570-666-301
    

高等教育の修学支援新制度 (外部サイトへリンクします)

日本学生支援機構

日本学生支援機構の貸与型奨学金

大学、短期大学、高等専門学校、専修学校専門課程、大学院で学ぶ人を対象とした貸与型の奨学金で、年収に応じて無利子・有利子があります。
保護者の失職、倒産や災害などにより家計が急変し、緊急に奨学金貸与の必要が生じた学生・生徒に対応します。

緊急採用(無利子)奨学金及び応急採用(有利子)奨学金の家計基準は、家計急変(失職・災害等)後の年間所得見込額で基準を満たすかどうか判定します。

対象となりそうかどうかは、日本学生支援機構の進学資金シミュレーターで確認することができます。

問い合わせ先


在学している各大学等の窓口
日本学生支援機構奨学金相談センター 電話0570-666-301

外部リンク

奨学金

日本学生支援機

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ