このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 組織からさがす > 福祉保健センター > 食育通信 職場で食場環境を考えよう Vol.33

本文


食育通信 職場で食場環境を考えよう Vol.33

掲載日:2021年10月22日更新

「食育通信」職場で食場環境を考えよう Vol.33

2021年(令和3年)10月22日

食育通信 Vol.33 [PDFファイル/346KB]

保育園の食育~コロナに負けないぞ!~(保育幼稚園課)

戸田市立保育園保育士による研究会では、令和元年度から「心と体が育つ食育」を研究テーマに全園で重点的に食育に取り組んでいます。現在は新型コロナウイルス感染症対策の為、例年通りの活動が困難な中ではありますが、各園様々なアイディアを出し、今できる食育を実施しています。

大人がきっかけづくりをしてあげることで、子どもは自分たちの力で想像以上の学びを得てくれます。食に対するワクワクする気持ち、大人になってもずっと持ち続けていたいですね。

戸田の郷土料理について(福祉保健センター)

みなさん、『呉(ご)汁(じる) をご存知でしょうか?

昔、戸田の食生活としてふだんの日の食物で「ちょっと手をかけたオツケ」として『呉汁』を食されていたと「戸田市史:民族編」に記載されています。とれたての新しい大豆やタノコロマメ(大豆の一種)を水につけて、すり鉢ですりつぶしたものを入れた味噌汁を作っていました。

今回は、保健センター職員で調理した、埼玉県の郷土の味「呉汁」をご紹介します。

材料(4人分)

大豆(乾燥)1/2カップ、水1/2カップ、白菜1~2枚程度、 にんじん中1/2本、 ごぼう中1/2本、油揚げ1枚、

だし汁3カップ、 味噌大さじ2強、 小ねぎ2~3本

作り方

  1. 大豆は重量の4倍の水をつけて6~8時間おき、もどす。
  2. 1の大豆の水気をきってミキサーに入れ、水1/2カップを加えてなめらかに攪拌する。
  3. 白菜→3センチメートル大のザク切り、にんじん→短冊切り、ごぼう→ささがき、小ねぎ→小口切り
  4. 油揚げは油抜きをし、縦半分に切ってから横に切る。
  5. 水とだしパックを入れ中火にかけ、沸騰したら弱火にし3分程度煮だす。
  6. 鍋に5のだし汁、油揚げ、にんじん、ごぼう、白菜を入れて煮立て、10分程度煮る。
  7. 味噌を溶き入れ、2を加えて軽く混ぜる。弱火にして5~6分煮、途中で軽く混ぜて大豆に火を通す。器に盛り、小ねぎを散らす。

 

11月24日(いいにほんしょく)は和食の日です。戸田市で食されていた郷土料理を「知り」「調理し」「食べて」みてください。今回紹介した『呉汁』は、大豆の栄養分を凝縮した郷土料理です。

みなさんも、ちょっと手がかけられる時にぜひ作ってみてください。

「戸田市食育推進情報局」にぜひ遊びにきてください!

福祉保健センターで行っている食育活動の取り組みや食育に関する教室等をPRするページを開設中です。

戸田市食育推進情報局はこちら

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ