このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 老齢基礎年金

本文


老齢基礎年金

掲載日:2020年4月1日更新

老齢基礎年金について

老齢基礎年金とは

保険料納付済期間と保険料免除期間の合計が10年以上ある場合、65歳になった時に支給されます。

合計が10年に満たない場合でも、合算対象期間(カラ期間)を含めた期間が10年以上であれば、老齢基礎年金の支給を受けることができます。

20歳から60歳を迎えるまでの40年間すべての保険料を完納すると、65歳から満額の老齢基礎年金を受け取ることができます。

保険料の未納期間は年金額の計算対象の期間とはなりません。

 

2020年度(令和2年度)の老齢基礎年金額

40年間すべての保険料を納付した場合の2020年度(令和2年度)の老齢基礎年金額は781,1700円(年額)です。

注意:年金額は物価や賃金の変動に応じて年度ごとに改定されます。

支給は年6回(2月,4月,6月,8月,10月,12月)に分けて振り込まれます。

支給年金額の計算式

780,100円×{保険料納付月数+(全額免除月数×1/2)+(3/4免除月数×5/8)+(半額免除月数×3/4)+(1/4免除月数×7/8)}÷480月(加入可能月数)

  • 国民年金保険料の一部免除(3/4免除,半額免除,1/4免除)の承認を受けた期間、減額された保険料を納めていない場合、未納期間扱いとなります。
  • 平成21年3月分までは、全額免除は1/3、3/4免除は1/2、半額免除は2/3、1/4免除は5/6として、それぞれ計算します。
  • 20歳から60歳になるまでの第2号被保険者(厚生年金被保険者)および第3号被保険者(20歳以上60歳未満の第2号被保険者に扶養されている配偶者等)の期間も保険料納付済期間に含みます。

繰上げ・繰下げ受給

老齢基礎年金が受けられるのは原則65歳になった日の翌月分からになりますが、繰上げ支給や繰下げ支給により65歳になる前や65歳以後に老齢基礎年金を受給することも可能です。

  • 繰上げ支給

60歳以後65歳になる前の間に請求して老齢基礎年金を受け取ることができますが、受けようとする年齢によって一定の割合で受け取る年金額が減額されます。

なお、繰上げ支給には制約がございますので、詳しくは保険年金課または年金事務所にお問い合わせください。

  • 繰下げ支給

65歳以後70歳までの間に請求して老齢基礎年金を受け取ることができます。受けようとする年齢によって一定の割合で受け取る年金額が増額されます。

いったん繰上げ・繰下げ請求をすると一生同じ割合で、減額または増額された年金額を受給することになります。

  0か月 1か月 2か月 3か月 4か月 5か月 6か月 7か月 8か月 9か月 10か月 11か月
繰上げ・繰下げ支給率
60歳 70 70.5 71 71.5 72 72.5 73 73.5 74 74.5 75 75.5
61歳 76 76.5 77 77.5 78 78.5 79 79.5 80 80.5 81 81.5
62歳 82 82.5 83 83.5 84 84.5 85 85.5 86 86.5 87 87.5
63歳 88 88.5 89 89.5 90 90.5 91 91.5 92 92.5 93 93.5
64歳 94 94.5 95 95.5 96 96.5 97 97.5 98 98.5 99 99.5
65歳 100
66歳 108.4 109.1 109.8 110.5 111.2 111.9 112.6 113.3 114 114.7 115.4 116.1
67歳 116.8 117.5 118.2 118.9 119.6 120.3 121 121.7 122.4 123.1 123.8 124.5
68歳 125.2 125.9 126.6 127.3 128 128.7 129.4 130.1 130.8 131.5 132.2 132.9
69歳 133.6 134.3 135 135.7 136.4 137.1 137.8 138.5 139.2 139.9 140.6 141.3
70歳 142

1941年(昭和16年)4月1日以前に生まれた方の支給率は別の規定が適用されます。

請求手続き

加入していた年金が国民年金第1号期間のみの方は、市役所で手続きをすることができます。手続き場所は保険年金課になります。

厚生年金加入期間がある方は日本年金機構に、共済年金加入期間がある方は各共済組合にそれぞれお問い合わせください。

老齢基礎年金の受給権を満たしている方は、65歳の誕生日を迎える約3か月前に日本年金機構から年金請求書が郵送されてきますので、65歳の誕生日を迎える前日以降に必要書類を添えてお手続きしてください。

繰上げ・繰下げ支給を希望される方は60歳以降、支給を希望する時期にお手続きをお願いいたします。

65歳の誕生日を迎える前にすでに特別支給の老齢厚生年金を受給されている方につきましては、65歳の誕生月の初め頃(1日生まれの方は前月の初め頃)を目安に日本年金機構から年金請求書(ハガキ形式)が郵送されますので、誕生月の末日(1日生まれの方は前月の末日)までに必ずご提出ください。

 

 

必要書類

  • 年金請求書(紛失した場合は保険年金課または年金事務所に用意がございますので、申し出てください)
  • 請求者の年金手帳
  • 請求者の通帳
  • 請求者のマイナンバー(通知)カード
  • 認め印(朱肉で押すもの)
  • 本人確認書類
  • 委任状(請求者本人が手続きできない場合)

このほか請求する方によって住民票や戸籍謄本、課税証明書等が必要になる可能性がございますので、事前に浦和年金事務所へお問い合わせください。

代理の方が手続きされる場合は委任状のほかに、代理人ご自身の本人確認書類もご持参ください。

戸田市を管轄する年金事務所

浦和年金事務所

郵便番号:330-8580

住所:埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-5-1

JR京浜東北線「北浦和駅」西口徒歩5分

電話番号:048-831-1638(代表)

また、電話でのご相談はねんきんダイヤルでも行っております。

ねんきんダイヤル:0570-05-1165

なお、浦和年金事務所では予約相談を実施しております。浦和年金事務所での年金請求の手続きや、年金についての相談をご希望される方は予約相談をご利用いただくと、スムーズに手続き・相談ができます。

予約受付専用電話:0570-05-4890

川口年金相談センター(浦和年金事務所管理)

川口年金相談センターでは、浦和年金事務所と同じ相談を受けることができます。

郵便番号:332-0012

住所:埼玉県川口市本町4-1-8川口センタービル13階

JR京浜東北線「川口駅」東口徒歩5分

関連リンク(日本年金機構公式サイト)

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ