このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 健康・医療・福祉 > 介護・高齢者福祉 > 介護保険の手続 > 要介護認定の有効期間の半数を超える短期入所の利用について

本文


要介護認定の有効期間の半数を超える短期入所の利用について

掲載日:2021年7月7日更新

要介護認定の有効期間の半数を超える短期入所の利用について

居宅サービス計画作成にあたっては、居宅介護支援基準省令第13条第21号の規定に基づき、短期入所サービスの利用日数が、要介護認定の有効期間のおおむね半数を超得ないようにしなければならないとされております。ご利用者様の心身の状態や家庭状況等でやむをえず、短期入所を計画しなければならない状況である場合には、入所の勧め等を行っていただいた上で保険者に申出を行っていただき、承認がおりましたら利用することも可能となっております。利用については、要介護認定有効期間の半数を超える可能性のある1か月前までに健康長寿課のホームページ内にある有効期間の半数を超える短期入所サービスの利用申出書をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、提出をお願いいたします。事業所の押印が不要となりました。

 

有効期間の半数を超える短期入所サービスの利用申出書 [Wordファイル/40KB]

有効期間の半数を超える短期入所サービスの利用申出書 [PDFファイル/84KB]

 

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ