このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 組織からさがす > 障害福祉課 > ヘルプマーク

本文


ヘルプマーク

掲載日:2020年7月17日更新

ヘルプマークについて

ヘルプマークとは

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方がいます。ヘルプマークは、そうした方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなるよう東京都が作成したマークで、全国に普及が進んでいます。
戸田市でも、2018年8月から配布し、普及に努めています。

配布の対象となる方

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方

ヘルプマークの配布について

市役所2階の障害福祉課及び福祉保健センターにて希望される方に配布しております。配布を希望される方は、障害福祉課または福祉保健センターにお越しください。

  • 申請書の提出は不要です。無償で配布します。
  • ヘルプマーク配布の参考とするため、配布時に任意で聞き取りを行います。ご協力お願いします。
  • 数に限りがありますので、原則1人1個までとさせていただきます。無くなり次第配布は終了となります。あらかじめご了承ください。
  • ご家族などの代理の方が申請、受取りをすることも可能です。
  • 原則として郵送による配布は行いません。
  • 妊婦初期の方へは、マタニティキーホルダーの配布もお勧めしております。

ヘルプマークの使い方

ストラップを利用して、かばんやベルトなどに着けて使用します。
ストラップがドアに狭まったり、引っかかったりすると非常に危険ですのでご注意ください。

ヘルプマークのイラスト
(ヘルプマーク)

ヘルプマークをつけた方を見かけたら

電車・バスの中で、席をお譲りください。
外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。また、外見からは分からないため、優先席に座っていると不審な目で見られ、ストレスを受けることがあります。

駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします。
交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる・歩く・階段の昇降などの動作が困難な方がいます。

災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。
視覚や聴覚に障害があり、情報把握が難しい方や、肢体に障害があり、自力での迅速な避難が困難な方など、様々な方がいます。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ