ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 健康・医療・福祉 > 介護・高齢者福祉 > 介護保険制度 > 介護度別の状態像及び利用可能なサービス


介護度別の状態像及び利用可能なサービス

掲載日:2017年4月6日更新

要介護認定が行われた場合、心身の状況に応じて介護の必要度(要介護度)が設定されます。「要支援」「要介護」に認定された方は介護度に応じたサービスが利用可能です。また、要介護度により支給限度額が決められています。支給限度額内であれば1割の自己負担でサービスが利用できますが、支給限度額以上サービスを利用した場合、限度額を越えた分は全額自己負担となります。

ここでは、それぞれの介護度における平均的な状態像を紹介しています。同じ介護度でも認定を受けた方の状態によっては下に挙げた例とは完全に一致しない場合があるのでご注意ください。

介護度別状態像及び利用可能サービス
介護度状態像利用可能サービス
要支援1社会的に支援が必要な状態
排泄や食事は自力で行うことができる。
立ち上がりや歩行などに支えを必要とする。
「介護予防サービス」を利用できます。
要介護状態が軽く、生活機能が改善する可能性が高い人などが受けるサービスです。
要支援2社会的に支援が必要な状態
排泄や食事は自力で行うことができる。
立ち上がりや歩行などに支えを必要とする。
「介護予防サービス」を利用できます。
要介護状態が軽く、生活機能が改善する可能性が高い人などが受けるサービスです。
要介護1部分的に介護を要する状態
立ち上がりや歩行が不安定で一部介助が必要。
排泄や入浴に一部介助が必要。
問題行動や理解の低下が見られることがある。
「介護サービス」を利用できます。
日常生活で介助を必要とする度合いの高い人が、生活の維持・改善を図るために受けるさまざまな介護サービスです。
要介護2軽度の介護を要する状態
立ち上がりや歩行が自力ではできない場合がある。
排泄や入浴などに一部または全介助が必要。問題行動や理解の低下が見られることがある。
「介護サービス」を利用できます。
日常生活で介助を必要とする度合いの高い人が、生活の維持・改善を図るために受けるさまざまな介護サービスです。
要介護3中等度の介護を要する状態
立ち上がりや歩行が自力ではできない。
排泄、入浴、衣服の着脱などに全介助が必要。
問題行動や理解の低下がいくつか見られることがある。
「介護サービス」を利用できます。
日常生活で介助を必要とする度合いの高い人が、生活の維持・改善を図るために受けるさまざまな介護サービスです。
要介護4重度の介護を要する状態
排泄、入浴、衣服の着脱など日常生活の殆どに介助を必要とする。
多くの問題行動や理解の低下が見られることがある。
「介護サービス」を利用できます。
日常生活で介助を必要とする度合いの高い人が、生活の維持・改善を図るために受けるさまざまな介護サービスです。
要介護5最重度の介護を要する状態
排泄、衣服の着脱、食事など生活全般に介助を必要とする。
多くの問題行動や理解の低下が見られることがある。
「介護サービス」を利用できます。
日常生活で介助を必要とする度合いの高い人が、生活の維持・改善を図るために受けるさまざまな介護サービスです。
非該当支援や介護が必要であるとは認められない介護保険のサービスは利用できませんが、各種高齢者向けの教室や、戸田市の高齢者福祉サービスを受けられます

更新日:2014年8月13日

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。