ページの先頭です。


救急医療

掲載日:2019年1月31日更新

救急医療は3段階あります

1.急な発熱や風邪、体調不良などの症状 初期救急医療体制

内科・小児科

戸田休日・平日夜間急患診療所(休日の午前9時から正午まで、午後1時から5時まで、月曜から土曜までの午後7時半から10時半まで)

 

小児科

戸田中央総合病院(月曜・水曜・木曜・金曜の午後10時半から翌朝午前7時まで)

済生会川口総合病院(火曜の午後10時半から翌朝午前7時まで)

蕨市立病院(土曜・休日の午後6時から翌朝午前8時まで)

受診する場合には、事前に各医療機関にお問い合わせください。

(注釈)小児科受診は、初期救急医療体制から(風邪・体調不良)重症の場合は小児救急支援病院を紹介します。

 

産科・婦人科

休日在宅当番医表(休日の午前9時から正午まで、午後1時から5時まで)

2.入院が必要な場合や、重病と思われる場合 第二次救急医療体制

病院群輪番制病院

入院治療が必要な患者を受け入れる初期救急の後方病院で、休日昼間・毎夜間を4病院で輪番にて実施しています。救急車が対応します。

 

小児救急支援病院

入院治療が必要な患者を受け入れる小児救急の後方病院で、休日昼間・毎夜間を2病院で輪番にて実施しています。

3.生死が問われるような重病の場合

救急救命センター

重篤救急患者の医療確保で初期・第二次救急医療の24時間体制の後方病院

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

戸田市立市民医療センタートップ