このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 組織からさがす > まちづくり推進課 > 戸田市バリアフリー基本構想について

本文


戸田市バリアフリー基本構想について

掲載日:2021年11月19日更新

戸田市では、市におけるバリアフリー推進の考え方を示すことを目的として、令和2年度に戸田市移動円滑化促進方針を策定しました。令和3年度は、促進方針を実現するための具体的な事業を示す計画として、戸田市バリアフリー基本構想を策定します。

基本構想の策定について

策定にあたっては、多様な主体が参画する「戸田市バリアフリー基本構想策定協議会(以下、「策定協議会」という。)」を中心に、高齢者や障がい者、子育て世代、施設設置管理者等をはじめ、広く市民の意見を収集する機会を設けて検討を進めていきます。

第1回策定協議会

開催日時:2021年(令和3年)3月15日から2021年(令和3年)3月25日まで(書面により開催)

参加者:30名

内容

議題:戸田市バリアフリー基本構想策定協議会要綱について

承認する:30名

報告:今後の進め方(運営)について

第1回策定協議会資料 [PDFファイル/874KB]

第2回策定協議会

開催日時:2021年(令和3年)6月1日10時から11時30分(Zoom会議形式で開催)

参加者:29名

内容

報告:

  1. バリアフリー基本構想について
  2. 検討の進め方について

議題:重点整備地区等について

承認する

第2回策定協議会資料 [PDFファイル/3.97MB]

まち歩きワークショップ

開催日時:2021年(令和3年)7月1日

参加者:21名

目的:バリアフリー基本構想の検討にあたり、施設や経路等のバリアフリーについて、より具体的なイメージを持っていただけるよう、市民参加型のまち歩き・意見交換を実施しました。このまち歩きワークショップは、事務局があらかじめ設定した「視察の視点」に沿って、施設や経路の状況、課題等について確認するものです。確認結果を参加者同士で意見共有することにより、推進するべき内容について意識を共有することを目的としています。

内容:

  • 現地視察(北戸田駅周辺、戸田駅周辺、戸田公園駅周辺の3班で実施)
  • 意見交換(各班で実施)
  • 意見共有(各班の意見交換内容を発表)

対象地区:下記表のとおり、3班の構成で視察を行いました。
(注釈)該当なしの場合、「-」と記載しています。

視察対象施設

視察対象施設
【A班】北戸田駅周辺 【B班】戸田駅周辺 【C班】戸田公園駅周辺
JR北戸田駅 JR戸田駅、駅前交通広場(西口) JR戸田公園駅
市道、県道、国道 市道 県道
スポーツセンター
中央図書館・郷土博物館
文化会館 心身障害者福祉センター
イオンモール北戸田 福祉保健センター ビーンズ戸田公園
- ヤオコー戸田駅前店 東横INN埼玉戸田公園駅西口

ワークショップ実施状況 

ワークショップ実施状況
商業施設の現地視察 市役所南通りの視察 戸田公園駅の視察
商業施設の視察の写真 市役所南通りを視察している写真 戸田公園駅を視察している写真
国道17号信号交差点 意見交換 意見共有:説明風景
国道17号を視察中の写真 各班ごとに意見交換を行っている写真 全員で意見共有を行っている様子の写真

意見交換による主な意見 

意見交換による主な意見
視察場所 場所ごとの主な意見
JR各駅(改札・券売機)
  • エレベーターや構内のトイレは車いすでも使いやすい。 
  • 車いすやベビーカー等が通れる幅広の自動改札があると良い。
  • 車いす使用者にとっては券売機タッチパネルの位置が高く、上のボタンまで手が届かない。

JR戸田駅駅前交通広場

  • 駅前交通広場の通路には段差がなく、スロープも整備されていて良い。
  • 戸田駅西口の車いす使用者用トイレへの誘導用ブロックは、ボタンの位置に向かって設置するべき。
道路・交差点
(国道・県道・市道)
  • 歩道の路面高の高い場所では、切り下げ部分が急勾配となっている。
  • グレーチングの目が粗く、車いすの前輪や白杖がはまってしまう。
  • 音響式信号機やエスコートゾーンがあると良い。
    (注釈)エスコートゾーンとは視覚障がい者が横断歩道から外れることなく道路を横断できるように配慮された設備のことです。

公共施設

  • 誘導用ブロックの舗装や設置状態により、視認性等に問題がある。
  • 車いす使用者用トイレには、大型ベッドを導入してほしい。
商業施設・宿泊施設
  • 車いす使用者用トイレは広く作られていて良いが、ゴミ箱等の置き場所によっては、動きの妨げになっている。
  • 施設内は買い物カートを利用する人が多いため、誘導用ブロックは設置されていないが、人的対応がなされている。

第3回策定協議会

開催日時:2021年(令和3年)11月1日(月曜)13時30分から14時30分まで

参加者:27名

内容

議題1:戸田市バリアフリー基本構想(素案)について

   承認する:27名

議題2:今後の進め方について

   承認する:27名

第3回策定協議会会議資料 [PDFファイル/11.02MB]

 傍聴の募集は締め切りました

傍聴のルール

  1. 正当な理由なく発言したり大声をあげたりしないでください。
  2. 会議開始前にトイレ等は済ませ、途中退席や再入室はご遠慮ください。
  3. 危険物を持ちこまないでください。
  4. 喫煙をしないでください。
  5. 乳幼児、児童を連れて入るときは、必ず事前にその旨を申し出て許可を得てください。その場合、会議中は静かにするようお願いします。
  6. 関係者以外は会議中、ビデオ、ICレコーダー、携帯電話等による録音、録画、撮影等はできません。
  7. 会議中、会議を公開しないこととする決定があったときは、速やかに退出してください。
  8. その他、係員の指示に従ってください。
  9. 委員の言論に対して拍手その他の方法によって公然と可否を表明しないでください。

次のいずれかに当てはまる方は、傍聴をお断りします。

  • 銃器その他危険なものを持っている者
  • 酒気を帯びていると認められる者
  • 異様な服装をしている者
  • 張り紙、ビラ、掲示板、プラカード、旗、のぼりの類を持っている者

公共施設等の対応及びイベント等の開催に対する戸田市の方針(令和3年10月25日適用)

埼玉県における新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく段階的緩和措置等の終了を受け、県有施設の取扱いに基づき、市の公共施設については、下記のとおりの対応となります。

公共施設等の対応

公共施設については、2021年(令和3年)10月25日から、次に掲げる徹底した感染防止対策を講じたうえで、開館します。

  • マスク着用、手指消毒、検温など、来場者の感染防止対策を行います
  • 諸設備の消毒、施設スタッフの体調管理を徹底します
  • 三密を回避するための入場制限、来場者導線や社会的距離を確保する等の感染防止対策を行います
  • 接触確認アプリを導入します
  • 業種別ガイドラインの遵守の徹底及び「彩の国「新しい生活様式」安心宣言」の遵守を求めます
イベント等の開催

市主催(共催、指定管理者含む)の市民が参加するイベント・行事は、徹底した感染防止対策を講じることを条件に開催します。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ