このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 組織からさがす > まちづくり推進課 > 住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業

本文


住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業

掲載日:2016年11月22日更新

住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業とは

2015年度(平成27年度)に国土交通省により創設された制度で、高齢者、障害者、子育て世帯の居住の安定確保を図るため、居住支援協議会等との連携の下、入居ニーズや住宅オーナーの意向を踏まえた上で、空き家等を活用し一定の質が確保された低廉な家賃の賃貸住宅の供給が目的で、空き家等の改修工事に対しての補助を行う事業です。
事業の詳細につきましては、リンク先をご覧ください。
ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ