このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 子育て・教育 > 学童・青少年 > 学童 > 市内公立学童保育室における新型コロナウイルス感染者の判明について

本文


市内公立学童保育室における新型コロナウイルス感染者の判明について

掲載日:2020年11月13日更新

市内公立学童保育室における新型コロナウイルス感染者の判明について

令和2年(2020年)11月13日に、公立学童保育室において職員1名が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。なお、対象者の人権尊重、個人情報保護に最大限のご理解とご配慮を下さいますようおねがいいたします。

感染者の情報

  1. 対象者:職員1名
  2. 居住地:市外

症状・経過

  1. 最終出勤日:令和2年(2020年)11月7日
  2. 検査日:令和2年(2020年)11月12日
  3. 感染経路:不明

今後の対応

  1. 令和2年(2020年)11月14日は施設内の消毒等のため、該当学童保育室を臨時休室とします(該当学童保育室の保護者には別途連絡済みです。)。
  2. 令和2年11月16日以降は消毒を徹底した上で通常どおり開室します。

 

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ