このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 健康・医療・福祉 > 食の安全 > 食の安全 > 給食の放射性物質測定検査結果

本文


給食の放射性物質測定検査結果

掲載日:2018年6月11日更新

戸田市内保育園等の給食放射性物質測定検査結果

戸田市こども青少年部保育幼稚園室では、市に導入された放射性物質測定器を使用し、毎日、市内保育園・家庭保育室・幼稚園の給食一食分(お昼・おやつ)をサンプリングし、翌日等に検査を実施します。

検査方法

測定機器:ベクレルモニターLb200(Nal(Ti)シンチレーションカウンター検出管採用)
測定方法:厚生労働省「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」に準拠。
測定感度:500グラムの試料を用いて約15分以上測定。
「検出せず」とは、放射性物質が存在しない、又は検出下限値未満であることを示します。
なお、検出下限はヨウ素131、セシウム134、セシウム137の総量が20ベクレル/キログラムです。

検査結果

  • 2018年4月測定分
  • 2018年5月測定分
  • 2018年6月測定分(準備中)
  • 2018年7月測定分(準備中)
  • 2018年8月測定分(準備中)
  • 2018年9月測定分(準備中)
  • 2018年10月測定分(準備中)
  • 2018年11月測定分(準備中)
  • 2018年12月測定分(準備中)
  • 2019年1月測定分(準備中)
  • 2019年2月測定分(準備中)
  • 2019年3月測定分(準備中)

2017年度(平成29年度)以前の検査結果はすべて「検出せず」でした。

 

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ