このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 組織からさがす > 経済政策課 > 小規模事業者持続化補助金における新型コロナウイルス感染症による影響を受けた事業者の証明書の発行について

本文


小規模事業者持続化補助金における新型コロナウイルス感染症による影響を受けた事業者の証明書の発行について

掲載日:2020年4月9日更新

小規模事業者持続化補助金における新型コロナウイルス感染症による影響を受けた事業者の証明書の発行について

中小企業庁では、公募している生産性革命推進事業(2019年度補正予算)のうち、小規模事業者持続化補助金においては、新型コロナウイルス感染症による影響を受けながらも、生産性向上に取り組む事業者を対象に加点措置を講じ、優先的に支援を行います。

本市では、小規模事業者持続化補助金の申請において、加点対象事業者であることの証明書の発行を行っています。

小規模事業者持続化補助金について

小規模事業者が行う、経営計画に基づいた新たな販路開拓等、生産性向上に資する取り組みを行うために要する経費の一部を支援することを目的とした補助金です。

戸田市商工会が申請窓口の担当になります。

公募要領・スケジュールなど、詳しくは下記よりご確認ください。

小規模事業者持続化補助金(埼玉県商工会連合会HP)

証明書の発行について

小規模事業者持続化補助金において、新型コロナウィルス感染症の加点を受けるためには、本市が発行する「売上減少証明書」又は「セーフティネット保証4号の認定書」が必要となります。

売上減少証明書

2020年2月から第2回締切日(2020年6月5日)までの任意の1か月の売上高が、前年同月の売上高と比べて10パーセント以上減少した事業者に対し、証明書を発行いたします。

以下の書類をご提出ください。

1.売上減少証明申請書(小規模事業者持続化補助金) [Wordファイル/17KB]

   売上減少証明申請書(小規模事業者持続化補助金) [PDFファイル/82KB]

2.直近の決算書の写し(税務署印付表紙、決算報告書、法人概況説明書)

3.売上高の減少等がわかる書類

(試算表、帳簿等売上高の証明書類等)

(注釈)創業1年未満の事業者は、2020年2月から第2回締切日(2020年6月5日)までの任意の1か月の売上高と、新型コロナウイルスによる影響を受ける直前の3か月(2019年11月から2020年1月までなど)の売上高の平均とで比較してください。

セーフティネット保証4号の認定書

新型コロナウイルス感染症による影響を受け、最近1か月及びその後2か月を含む3か月の売上高が前年同期と比べて20パーセント以上減少している(見込み)事業者に対し、認定書を発行いたします。以下の書類をご提出ください。

1.認定申請書(中小企業信用保険法第2条第5項第4号) [Wordファイル/33KB]

   認定申請書(中小企業信用保険法第2条第5項第4号) [PDFファイル/71KB]

2.履歴事項全部証明書(3か月以内のもの)

3.直近の決算書の写し(税務署印付表紙、決算報告書、法人概況説明書)

4.売上高の減少等がわかる書類(試算表、帳簿等売上高の証明書類等)

5.上記1~4の書類にて、指定地域において1年以上継続して事業を行っていることを確認できない場合、それを客観的に証明できる書類(例)営業許可証、建物等の賃貸借契約書など、所在地を確認できるもの。

(注釈)金融機関が中小企業者に代わって、申請するときは申請者の委任状 [Wordファイル/31KB]申請者の委任状 [PDFファイル/53KB])が必要です。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ