このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > くらしの情報 > 環境 > 環境は足元から > 環境は足元から第209号

本文


環境は足元から第209号

掲載日:2021年10月13日更新

環境は足元から

2021年10月号(第209号)

「環境は足元から」は、環境課が発行する情報誌です。
「環境とわたし」というテーマのもと、市役所職員それぞれの環境への想いや取組について書いた記事を掲載しています。

使用済みインクカートリッジで地域通貨戸田オールをもらおう!

みなさんの自宅に使用済みのインクカートリッジなどは溜まっていませんか。コロナ禍でリモート業務などが増え、自宅のプリンターを使う機会も増えたのではないでしょうか。
地域通貨戸田オール運営委員会では、使用済みインクカートリッジを市内の交換店に持っていくとカートリッジ1個につき地域通貨戸田オール10オールと交換する事業を実施しています。このオールは10オール=10円として市内約100店舗の協賛店で使うことができます。さらに、回収されたカートリッジは市内小学校を通じてベルマークと交換され、教材などに活用されます。
オールをもらってちょっぴりお得に、リサイクルによる環境負荷の軽減や地域の学校にも貢献できる、この使用済みインクカートリッジの回収事業にみなさんもぜひご協力ください。

(協働推進課 H.K)

グリーンカーテン

今年度は保育園の子ども達と共にゴーヤのグリーンカーテン作りに取り組みました。
グリーンカーテンってどんな効果があるのだろう?と調べることからスタートし、土作り、苗植え、肥料作りを行い、毎日の水やりをしながら生長の過程を楽しんできました。葉が沢山茂り、テラスに日陰ができ、例年では夏場は熱くなってしまい裸足では歩けなくなることもある場所も涼しく感じ、その日陰も利用し水遊びも涼しく楽しむことができました。ゴーヤの収穫も行い給食室で調理して頂き、食べることもできました。「にがーい。」と子ども達には不評ではありましたが、一つの食材が口に入るまでには多くの工程があり、手間暇がかかることを体験することができ「食育」にも繋がりました。
地球温暖化は深刻な問題となっていますが、地球の未来を守る為にも、微力ではありますが継続して子ども達と一緒にこのような活動をしていきたいと思います。

(新曽保育園 R.F)

バックナンバー

「環境は足元から」の過去の記事はこちらでご覧いただけます。

あとがき

みなさまこんにちは。10月に入ってから、日によっての気温の寒暖差が激しく、暑い日は25度以上の夏日を記録する日もありました。9月に一度涼しくなった後、ここ最近また気温が上がったことから、春の訪れと勘違いしてしまったのか、とある地方の桜が数輪開花したとのニュースを耳にしました。体調管理には充分気を付けてお過ごしくださいね。

さて、食品ロス削減に関する取組「てまえどり」について、みなさまはご存じですか?少し前からコンビニエンスストアなどでポップ広告を見かけるようになりました。「てまえどり」は、棚の手前にある販売期限の迫った商品を積極的に選ぶことをいいます。「てまえどり」を実践することは、食品ロス削減に繋がり、「エシカル消費」の一つともいわれています。また、事業者によっては、「てまえどり」の取組を促進するために、販売期限の迫った商品に割引やポイント付与を適用するなどの付加価値を実施しているところもあるようです。すでに「てまえどり」を習慣化している方もいらっしゃると思いますが、すぐに食べるものはできる限り「てまえどり」を心がけていくことが、環境に配慮した消費に繋がりますので、ぜひ実践してみてください!

(注釈)エシカル消費とは「地域の活性化や雇用などを含む、人・社会・地域・環境に配慮した消費行動」のことです。 私たち一人一人が、社会的な課題に気付き、日々のお買物を通して、その課題の解決のために、自分は何ができるのかを考えてみることが、エシカル消費の第一歩です(消費者庁ホームページを参考に作成)。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ