このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > くらしの情報 > 環境 > 環境は足元から > 環境は足元から第186号

本文


環境は足元から第186号

掲載日:2019年9月19日更新

環境は足元から

2019年9月号(第186号)

「環境は足元から」は、環境課が発行する情報誌です。
「環境とわたし」というテーマのもと、市役所職員それぞれの環境への想いや取組について書いた記事を掲載しています。

軽自動車に乗り換えて4年たった

訳あって軽自動車に乗り替え、4年がたった。最初は「軽なんて」とバカにしていたが、次第にはまってしまった。燃費は市内で1リットルあたり18キロメートル、高速で1リットルあたり20キロメートル。「維持費が安い」と聞いていたが有料道路が安く、また、タイヤも驚くほど安いのも嬉しい。気になる安全性だが、まだ衝突していないためわからない。煽り運転ですか?基本煽られていると感じます。だって、バックミラーと後続車の距離が近いから。
あと、アイドリングストップはしない。バッテリーが痛むから。バッテリーの交換は環境負荷がとても大きいので、交換回数が減ることはとても良いことだ。
環境のために電気自動車やハイブリット車の選択肢もあるが、走行距離が少ないならばモトは取れまい。
3年ほどマイカーを辞めた時期があったけど、はっきり言って車の維持費よりタクシー代の方が安かった。今後、運転に不安を感じたら迷わずタクシーにしようと思う。車に対する思いは人それぞれ。使い方もいろいろ。自分のライフスタイルと環境性能、お財布と自分と他者への安全を考えて車を維持するか、公共交通機関を利用するか考えたい。

(福祉総務課 D.S)

リサイクルポイント

近所に新しいスーパーができました。そのスーパーにはリサイクルステーションがあります。雑誌や段ボールなどの古紙は1kgで1ポイント、ペットボトルは1本で0.2ポイントが貯まり、ポイントに応じてお買い物券と交換ができる仕組みとなっています。以前、利用していたスーパーでもこのような仕組みのリサイクルはありましたが、ペットボトルのみでした。特に古紙は、雨の日には集積所に出さないようにしているため、リサイクルステーションを活用しています。みなさまも買い物に行くついでに、リサイクルしてみてはいかがでしょうか。

(消防本部 M.K)

バックナンバー

「環境は足元から」の過去の記事はこちらでご覧いただけます。

あとがき

みなさんこんにちは。日によって気温の寒暖差のある時期ですが、風邪など引いていませんか。我が家の子ども達も少し鼻水をズルズルし始めていますが、規則正しい生活をして本格的に風邪を引かないようになんとか乗り切りたいところです。

さて、先日、とある衣料雑貨店に買い物に行き、レジにて商品の支払いをしようとしたところ、「マイバックはありますか?マイバック持参で〇〇ポイント付けられます」と店員さんに声を掛けられました。マイバックは常に鞄に入れているので、ありがたくポイントを頂戴しました。…が、本来なら店員さんに言われる前に、自然と名乗り出られるようにならないとですね。日頃、スーパーでの買い物では、店員さんに言われる前にマイバックを用意しているのにもかかわらず、それ以外の買い物では「袋をもらう」ことが無意識に定着していることを気付かされ、反省した出来事でした。

最後に、今月はイベントの紹介をさせていただきます!

2019年9月21日(土曜)午後6時から、「キャンドルナイトinとだ」をあいパルで開催します。今年は少し取組方法を変え、更に環境に配慮した形で開催する予定です。地球温暖化防止のために何ができるのか、キャンドルの明かりが灯る会場で、ぜひ一緒に考えましょう!皆さまの御来場をお待ちしております!

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ