ページの先頭です。


環境は足元から第160号

掲載日:2017年5月15日更新

環境は足元から

2017年(平成29年)5月号(第160号)

「環境は足元から」は、環境課が月1回発行する情報誌です。
毎月「環境とわたし」というテーマのもと、市役所職員それぞれの環境への想いや取組みについて書いた記事を掲載しています。

お残し無くそう運動(飲み会と環境の関連性)

これから暑くなる季節、職場や友人との飲み会(6月の結婚式ピーク、夏場の暑気払い・ビアガーデン)が増えてくるのではないでしょうか。
飲み会となるとコース料理を注文される方も多いと思いますが、そんな中、私が意識していることは料理を残さないことです。
料理を残さないことで、
1.生ごみを燃やすための燃料を使わなくて済む
2.輸入食品のロスをなくすことで、食料自給率がアップする
3.「もったいない」と思う心を養える
以上3点のメリットがあります。ちなみに、埼玉県も掲げております。
今回、この記事を読んでいただいた方には、ぜひとも食品ロスについて意識していただきつつ、飲み会を盛大に楽しんでいただければと思います。

(まちづくり推進課 D.K)

細く長く

私はここ数年、職場にマイタンブラーを持っていくようにしています。
コーヒーなどを買う時に、タンブラー持参だと割引があるお店も多く、割引額はわずかですが、「塵も積もれば山となる」、ずっと続けていけばかなりお得です。もちろん、微力ながら資源の無駄遣いを減らすということにもつながります。
資源の節約と言えば、私の職場ではお昼にお弁当を注文している人が多いのですが、割り箸はもらっていません。皆さんマイ箸を持ってきているのです。
私は配属して初めてお弁当を注文した時に、お弁当にお箸が付いてなかったので、店員さんが忘れてしまったのだと思いました。店員さん、疑ってしまいごめんなさい…汗
コンビニなどでお弁当を買うと、当たり前のようにお箸が付いてきます。毎日お箸を貰うと年間で何膳使用することになるのでしょう。
マイタンブラーやマイ箸など、小さなことを長く続けていくというのも大切なことだなと実感しました。

(情報政策統計課 H.S)

バックナンバー

「環境は足元から」の過去の記事はこちらでご覧いただけます。

あとがき

今年度も「環境は足元から」、始まりました!

年度が切り替わり、5月も中旬に差し掛かったところですが、みなさま体調崩されていませんでしょうか。ここのところは夏日を記録する日があったりと、外気温に体を合わせていくことは大変ですよね。しかし、湿度もまだそこまで高くなく、気持ちがいい気候でもあるので、外出も楽しみたいと思う今日この頃です。

さて、市役所はすでに「クールビズ」実施中です。
期間は5月1日から10月30日まで。国での実施は9月いっぱいまでなので、戸田市は1か月長く設定しています。
この取組によりノーネクタイやノー上着が励行され、エアコン等の使用が控えられるという目的があります。
この「暑さ」は、仕事をする上でも大敵です。電気の使用を控えられることでCO2の排出も削減できていますが、なによりも不快度数が下がることで仕事の効率も上がるでしょう。
だんだんと定着しつつあるクールビスですが、まだ取組されていない事業者さんがいらっしゃいましたら、ぜひご検討ください。

これからどんどん暑くなっていくのですね~!私にとって夏は「戦い」なので、暑さと紫外線に立ち向かえるように準備を始めたいと思います。みなさんも梅雨に入る前に「体と心のメンテナンス」してくださいね!

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。