ページの先頭です。


環境は足元から第159号

掲載日:2017年3月10日更新

環境は足元から

(2017年(平成29年)3月号(第159号))

「環境は足元から」は、環境課が月1回発行する情報誌です。
毎月「環境とわたし」というテーマのもと、市役所職員それぞれの環境への想いや取組みについて書いた記事を掲載しています。

「私の環境意識とクロスバイク」

一昨年に長年使用していたバイクを売って、クロスバイクを購入しました。クロスバイクは、自転車の一種ですが、軽量かつ速度が出るので、普通の自転車と違って長距離の走行に適しています。以前は、買物などに出掛ける際は、バイクを使用していましたが、10キロメートル圏内であればクロスバイクを使用するように心掛けています。クロスバイクに乗ってからは、環境にも意識することが多くなり、距離メーターを付けて、走行距離からバイクの燃費と比較して、ガソリンをどれ程削減できているのか考えるのが一つの楽しみになっています。

クロスバイクを使用することで環境に優しく、身体も動かすことができるので健康にも効果的で一石二鳥です。

ぜひ、皆さんも興味があればクロスバイクに乗ってみてください。

(長寿介護課 T.S)

「弁当箱」

お昼は弁当を持参しているのですが、食べ終わった後の弁当箱、みなさんはどう処理していますか。おそらく、多くの方は「汚れたものはすぐに洗う」と考えて、無意識のうちに洗剤を手に取るのではないでしょうか。

確かに、最近の洗剤は進化していて、わずか一滴でキレイになり、水切りも良く、かなり節水できるように思います。しかし、本当にベストな選択なのでしょうか。

洗浄力の高い洗剤一滴。このたった一滴をすすぐのに必要な多くの水道水と下水道での処理、その他これに関係する経費・・・意外に多くのCO2を排出しているように思います。

そこで、私は、食事後に口の周りを拭いた使用済みティッシュで汚れをふき取り、帰宅してから軽く洗うようにしています。紙なら1、2枚。お金にして1円程度。洗う際も、無添加の洗剤一滴で十分。おそらく、昔の人の生活もこれに近いものだったのではないかと思われます。

一概にどちらがよいとは言い切れませんが、当たり前と思っていることでも、改めて考えてみることが必要ではないかと思う今日この頃です。

(都市計画課 T.M)

バックナンバー

「環境は足元から」の過去の記事はこちらでご覧いただけます。

あとがき

最近、厳しい寒さも収まりつつあり、暖かい日もだんだん増えてきましたね。(まだまだ寒いですが・・・。)

実家では、梅の花が咲き始めていて、「もう春なんだなぁ」と感じました。

今年は昨年ほどではないですが、暖冬の影響もあるようで、桜の開花も例年に比べて少し早いようです。
開花予想だと、東京は3月22日のようですので、入学シーズンは満開の桜が見られるかもしれません。

道満グリーンパークや荒川の河川敷など市内でも桜の名所がいくつもありますので、桜の花で町全体が華やかに
なればいいですね!

さて、今年度の「環境は足元から」は本号をもって終了です。

ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

次号の掲載は5月となりますので、来年度もよろしくお願いします!!

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。