このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > くらしの情報 > 道路・交通 > 交通 > 自転車に幼児を同乗させる場合のルール改正について

本文


自転車に幼児を同乗させる場合のルール改正について

掲載日:2020年12月4日更新

自転車に幼児を同乗させる場合のルールが改正されました

2020年(令和2年)12月1日より、埼玉県道路交通法施行細則の一部が改正され、自転車の幼児用座席に乗車できる人の年齢制限が、以下のとおり変更となりました。

改正前

自転車の幼児用座席に乗車できるのは「6歳未満の者」と規定されていたため、これまでは幼児であっても年長クラスまたは5歳児クラスに属する6歳の幼児を乗車させることはできませんでした。

改正後

6歳であっても「小学校に入学するまで」(6歳に達する日(誕生日の前日)の属する年度の3月31日まで)同乗させることができるようになりました。

幼児の送迎に自転車を利用する保護者の実情や自転車用幼児座席の安全基準(SG基準)が改正されたこと等を踏まえ、小学校就学前であれば6歳児の乗車ができることとしたものです。

自転車同乗年齢改正チラシ [PDFファイル/1.66MB]

【参考】自転車用幼児座席の安全基準(SG基準)

【前形】

  • 体重15キログラム以下
  • 年齢1歳以上4歳未満
  • 目安身長100センチメートル以下

【後形】

  • 体重22キログラム以下
  • 年齢1歳以上小学校就学の始期に達するまでの者
  • 目安身長115センチメートル以下

自転車に乗車するときのルールについて

自転車に乗車する際の基本的な交通ルールについては下記をご覧ください。

自転車の交通安全(埼玉県リンク)

戸田市みんなで守ろう自転車の安全利用条例

自転車安全利用五則 [PDFファイル/498KB]

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ