このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 組織からさがす > 税務課 > 新型コロナウイルス感染症による法人市民税の申告・納付に係る期限の延長について

本文


新型コロナウイルス感染症による法人市民税の申告・納付に係る期限の延長について

掲載日:2020年5月7日更新

新型コロナウイルス感染症による法人市民税の申告・納付に係る期限の延長について

新型コロナウイルス感染症の影響により、法人市民税の申告・納付が期限内に行えない場合は、申請により申告期限及び納付期限の延長を行います。

申告期限及び納付期限の延長を行う場合は、申告・納付ができないやむを得ない理由がやんだ日から2ヶ月以内に、市へ提出する法人市民税申告書の余白に、「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載の上、提出してください。なお、電子申告を利用される場合は、所在地又は法人名に続けて「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力の上、申告してください。

申告・納付が可能になり次第、速やかに行ってください。申告期限及び納付期限は、原則として申告書等の提出日となります。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ