このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 事業者の方へ > 入札・契約 > 入札・工事関連書式 > 令和5年(2023年)3月1日の労務単価改定に伴うインフレスライド条項及び特例措置の適用について

本文


令和5年(2023年)3月1日の労務単価改定に伴うインフレスライド条項及び特例措置の適用について

掲載日:2023年3月20日更新

令和5年(2023年)3月1日に工事や設計業務委託等の積算に用いる労務単価が改定されたことに伴い、戸田市建設工事請負契約約款第25条第6項(インフレスライド条項)の適用、契約約款の運用に係る特例措置の適用について、情報提供いたします。

国土交通省ホームページ令和5年3月から適用する公共工事設計労務単価について

国土交通省ホームページ令和5年度設計業務委託等技術者単価について

戸田市建設工事請負契約約款第25条第6項(インフレスライド)の適用について

適用対象

令和5年2月28日以前に契約し、令和5年3月1日以降に発注者と受注者の協議により定める基準日から工期が2ヶ月以上残っている工事

 

特例措置について

適用対象

工事又は業務委託(以下「工事等」という。)において、以下の全てに該当するもの

  • 改定前の労務単価で設計金額を積算した工事等
  • 令和5年3月1日以降に当初契約する工事等

特例措置の内容

対象工事等の受注者は、当該契約について、令和5年3月1日改定の労務単価(以下「新労務単価」という。) を適用した場合の請負代金額、業務委託料(以下「請負代金額等」という。)の変更協議を、契約約款の規定に基づき発注者に請求することができるものとする。

ただし、戸田市建設工事請負契約約款第62条又は同様の規定がある契約約款を当該契約に適用している工事等に限る。

(注釈)戸田市建設工事請負契約約款第62条「この約款に定めのない事項については、必要に応じて発注者と受注者とが協議して定める。」

変更後の請負代金額等の算出方法

変更後の請負代金額等=新設計金額×当初契約の落札率

(注釈)新設計金額:新労務単価及び当初契約時点の物価等により積算した設計金額に相当する価格

(注釈)当初契約時点の物価等:令和5年3月1日以降の当初契約日時点の資機材価格など

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ