このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 組織からさがす > 情報政策統計課 > 2019年全国家計構造調査を実施します

本文


2019年全国家計構造調査を実施します

掲載日:2019年8月15日更新

2019年全国家計構造調査は、2019年(令和元年)10月及び11月の2か月間で実施します。

対象となる地域には、2019年(令和元年)8月より調査員がパンフレットの配布や対象世帯への調査票の記入依頼を行います。御協力をお願いいたします。

戸田市ではオンライン回答を推奨しております。

調査の目的

全国家計構造調査は、家計における消費、所得、資産及び負債の実態を総合的に把握し、世帯の所得分布及び消費の水準、構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的としています。

調査期日

2019年(令和元年)10月及び11月の2か月間で実施します。

調査の対象

調査単位区内に居住している世帯(ただし、調査票の記入は無作為抽出された一部の世帯に依頼します)

調査項目

「家計簿」、「年収・貯蓄等調査票」及び「世帯票」の3種類の調査票により、日々の家計の収入と支出、年間収入、金融資産、借入金、世帯構成、世帯員の就業・就学状況、現住居の状況、現住居以外の住宅・宅地の保有状況を調査します。この調査は、3種類すべての調査票に回答する「基本調査」と「年収・貯蓄等調査票」及び「世帯票」の2種類の調査票に回答する「簡易調査」で調査します。

調査の方法

都道府県知事が任命した調査員が世帯に調査票を配布し、インターネットによる回答又は記入済みの調査票を提出する方法により行います。

調査の結果

調査の結果は、集計が完了したものから、インターネットを利用する方法等により順次公表されます。

全国家計構造調査には回答の義務があります

「統計法」では、正確な統計を作成するために、調査票項目に回答する義務(報告義務)が定められています。

個人情報は厳格に保護されます

  • 全国家計構造調査では、統計法によって、厳格な個人情報保護が定められています。
  • 全国家計構造調査に従事する者には、「統計法」による守秘義務が課せられています。
  • 回答いただいた内容は厳重に管理され、統計の作成以外に使用することは一切ありません。

オンライン回答を推奨しています

戸田市ではオンライン回答を推奨しています。配布されたID等を使って、インターネットでご回答いただくことで、調査票記入や提出の手間が省けます。パソコンだけでなくスマートフォンでも回答可能ですので、ぜひご活用ください。

関連サイト

総務省2019年全国家計構造調査コンテンツトップサイト

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ