このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 市政情報 > 行政運営 > パブリックコメント > 市民活動推進基本方針(案)ご意見と市からの回答

本文


市民活動推進基本方針(案)ご意見と市からの回答

掲載日:2014年8月28日更新
意見等の概要と意見に対する市の考え方
頂いたご意見等の概要 市からの回答(対応)
これから私たちが活動していく上でも、行政と市民が手を取り合って戸田市を盛り上げていける内容に、心強く思った。これから、この案が具体的になっていけるよう、自分たちも頑張っていきたい。 本市は市民と行政のパートナーシップによるまちづくりを基本理念としています。市民活動推進基本方針は、この理念を具現化させるために策定されたものです。まちづくり活動、コミュニティ活動、様々なボランティア活動など、市民が自主的かつ主体的に活動できる環境づくりを進めていくことは、新しい都市社会を形成する上で不可欠な要素であると理解しています。
こうした環境づくりを進めるには、市民と行政がそれぞれの責任を果たしながらパートナーシップによって連携し、お互いに経験を重ねることが必要であると考えています。
戸田市の現状について、活動に参加しなかった理由として、「活動に関する情報が少ない」という回答がある。広報や情報紙を、興味を持ってみていれば結構出ていると思うが、私もこの点感じた。地域活動をしている方やボランティアさんなど、一冊の情報紙として(「保存版」で年2回くらい発行など)、一覧でわかるようなものがあったらよいと思う。内容は、団体名、人数、活動内容、連絡先など。
私たちのサークルのみならず、地域全体で世代をこえた交流が不可欠であると考えます。ネットワークとして、より楽しくふくらみを持ったイベントが考えられるかと思う。今まで知り合うことのなかった世代の方にたくさん会ってみたい。
「活動に関する情報」につきましては、ご意見のとおり、「広報戸田市」や各種パンフレット、ちらし等で提供していますが、今後は市民活動への参加機会の拡充を進める上でも、既存の情報紙等の内容充実やご意見のあったボランティア団体の一覧表の作成など、情報発信の方法について検討していきます。なお、市では地域活動やボランティア団体等について、そのすべてを把握しているわけではないので、できるだけ多くの団体等を把握するよう努めてまいります。
「世代をこえた交流が不可欠」であって、同時に活動領域の分野をこえた交流も不可欠であると考えており、人と人とのネットワークづくりへの支援も視野に入れて取り組んでまいります。
 情報の収集とそれに基づく相談機能の充実について。是非実現させて欲しいことの1つです。
活動拠点の提供について。活動拠点は私たちにとって、とても重要な課題です。
活動資金について。「資金の支援の方法についてはあまり公にしていない」ということを聞いたことがある。しかし、何かやろうとする場合は必ず必要になってきます。窓口が欲しいと思った。
「情報の収集とそれに基づく相談機能の充実」については、インターネットの双方向性を利用して各団体の情報の交換、収集等活動全般にわたる支援サイトの構築を検討する予定です。 また、「活動拠点」の整備につきましては、活動の活性化や各団体のネットワーク化を進める上で「重要な課題」ですので、支援サイトの構築と併せて検討してまいります。
活動資金につきましては、「支援の方法についてはあまり公にしていない」とのご意見ですが、基本方針にもあるとおり、「支援する制度を検討していく必要がある」段階ですので、したがって、公にできるほどの「材料」が揃っていないのが正直なところです。 現在のところ、支援措置の一つとして、NPO法人に対する地方税の減免措置がございます。
資金の助成、融資などは自立的な活動を損なわない範囲で、今後検討してまいります。
「窓口」につきましては、市民活動全般を所掌するコミュニティ推進課となります。
ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ