このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 市政情報 > 行政運営 > パブリックコメント > 乳幼児医療費の支給に関する条例 ご意見と市の回答

本文


乳幼児医療費の支給に関する条例 ご意見と市の回答

掲載日:2014年8月28日更新
意見等の概要と意見に対する市の考え方
頂いたご意見等の概要市からの回答(対応)
対象年齢を小学校に就学する前までにすべきだ。今回の改正にて対応予定です。(対象は入院、通院とも小学校就学前となります)
幼稚園等に入園するとけがや病気が増えるので在園中の医療費補助をしっかりするべきでは。現在のところ、在園中のみ手厚くする制度の検討はしておりませんが、対象児童につきましては今回の改正でカバーできるものと考えます。
東京では支給対象を小学校以上にする区もあるとのことだが。ご意見を頂いた区の改正につきましては、人口減などによる少子高齢化対策を考慮した上での制度改正のようであります。子育て世帯の増加が著しい本市とは状況が異なるものと考えますので、ご理解願います。
自己負担金の導入や、入院食事療養費を助成外とするなどして、その分を改正に向けてはどうか。現在のところ自己負担金の導入や食事療養費の助成を廃止する予定はございませんが、ご意見は今後の参考とさせていただきます。
9月より早く改正できないのか。パブリックコメントや市議会等の日程上、最短で9月となります。ご理解願います。
その他のご意見乳幼児医療費支給制度とは直接関係がない意見でしたので、担当課に伝えました。
ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ