ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > くらしの情報 > 防犯・防災・災害 > 防災 > 戸田市ハザードブック 「災害を『我が事』として考える本」


戸田市ハザードブック 「災害を『我が事』として考える本」

掲載日:2018年6月19日更新

戸田市ハザードブック 2018年(平成30年)4月版発行

国が発表した新しい荒川の浸水想定区域図等を加えた、戸田市ハザードブック「災害を『我が事』として考える本」を発行しました。

このハザードブックは、洪水や地震による災害の被害予測、危険度や防災情報や、以前のマンション防災パンフレットに掲載していた内容等を1冊にまとめたものです。
本市で起こり得る災害被害の予測を地図上に色分けし、避難の時期や方法、避難所の位置、地域の取組、災害時要援護者避難支援制度の紹介等、災害時に必要な情報がコンパクトにまとまっています。

また、マンション等の集合住宅の平時の備えや補助金等についても、掲載しております。
 
詳しくは、こちらをご覧ください。

表紙画像

戸田市ハザードブック [PDFファイル/36.29MB]

戸田市ハザードブック(日本語 電子ブック版)

Englishversion(英語版)
Toda City Hazard Book「Disasters can happen to you and me」(PDF Version) [PDFファイル/40.35MB]
Toda City Hazard Book「Disasters can happen to you and me」(e-book Version)

 

2018年(平成30年)6月に、戸田市ハザードブックを各ご家庭に配布させていただきました。
ご家庭にハザードブックがない方は、戸田市役所危機管理防災課もしくは、最寄りの公共施設にてハザードブックをお受け取りください。

わが家の防災対策

大規模災害時には、家族との連絡が取りづらくなったり、水や食料等の入手が困難になることが予想されます。
そのため、ハザードブックの巻末には、わが家の防災対策として、予めご家庭で話し合っていただきたい事、ご準備いただきたいものを記載しています。

避難先を決めておきましょう連絡方法・備蓄について

水害ワークショップの紹介

ハザードブックで紹介している「災害に強いまちづくり推進ワークショップ(水害ワークショップ)」の取り組みは、こちらをご覧ください。

戸田市災害に強いまちづくり推進ワークショップ ポータルサイト

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。