このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 市政情報 > 戸田市政策研究所 > 戸田市政策研究所 > 「地方行政」に戸田市の公民連携事例が掲載されました!

本文


「地方行政」に戸田市の公民連携事例が掲載されました!

掲載日:2019年9月1日更新

時事通信社発行の「地方行政」では、2019年5月30日から木曜連載「公民連携の可能性」がスタートし、縮小時代に活路を見出す公民連携の手段や目的、具体的な取り組みなどについて掲載されています。
その中で、自治体の第一弾として戸田市政策研究所の取り組みが掲載されましたので紹介します。

木曜連載「公民連携の可能性」

埼玉県戸田市の政策づくりの仕掛け「共感」が高まる政策創出を目指して

2019年6月20日第10896号では、(1)自治体シンクタンク「戸田市政策研究所」、(2)大学での「寄附講座」、(3)「シビックプライド」を見える化する、(4)住民がつくる「おしゃれなまち」、(5)今後の展望など、職員の政策形成能力や住民のシビックプライド向上を目指した公民連携事例を紹介しています。

地方行政「公民連携の可能性3」(時事通信社「地方行政」2019年6月20日第10896号より)

埼玉県戸田市の政策づくりの仕掛け「共感」が高まる政策創出を目指して [PDFファイル/520KB]

なお、今回の内容は、戸田市政策研究所と政策形成アドバイザーである牧瀬 稔氏(関東学院大学准教授)、教育委員会との共著「共感される政策をデザインする 公民連携による戸田市の政策づくりと教育改革」を参考に、具体的な事例を紹介したものです。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

ページトップへ