このページの本文へ移動
ページの先頭です。

本文


水洗化普及状況

掲載日:2021年7月7日更新

水洗化普及状況 (水洗化で明るいくらし)

2021年(令和3年)4月1日現在

水洗化可能区域面積(公示面積)
項目 項目の説明 数値
計画面積 下水道整備を行う区域の面積

1,315.0

ヘクタール

処理区域面積 2021年4月1日現在で公共下水道の整備により、下水道による汚水処理が可能な区域の面積

1,240.0

ヘクタール

整備率

計画面積に対する公共下水道による汚水処理が可能な面積の割合

(計算式:処理区域面積÷計画面積)

94.3

パーセント

水洗化普及状況
項目 項目の説明 数値
行政人口 2021年4月1日現在における住民基本台帳人口 140,952人

処理区域内

人口(注釈)

公共下水道が利用できる環境にある人口 131,999人

水洗化済

人口(注釈)

公共下水道へ接続し汚水処理をしている人口 128,616人

水洗化率

(注釈)

公共下水道へ接続し汚水処理をしている人口の割合

(計算式:水洗化済人口÷処理区域内人口)

97.4

パーセント

普及率

(注釈)

行政人口のうち、公共下水道が利用できる環境にある人口の割合

(計算式:処理区域内人口÷行政人口)

93.6

パーセント

(注釈)人口に対して算出しているため、事業所等で下水道を利用している人数は含まれません。

また、新曽地区においては現在整備中であるため、整備面積に応じた人口を計上しています。


ページトップへ