このページの本文へ移動
ページの先頭です。

本文


みどりパル活動報告(日誌2021年8月)

掲載日:2021年10月26日更新

彩湖自然学習センター(みどりパル)のスタッフが、活動報告を発信をしています。

「彩湖わくわく2days」

開催日:2021年8月7日(土曜日)、8月8日(日曜日)

今年のわくわく2Daysも昨年同様、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、事前予約制とし両日とも40名ずつの定員制にさせていただきました。

一日目は「日光写真」「やさしい標本づくり」、二日目は「ひかる石をとりだそう」「いきものおりがみ」のコーナーを設けました。
日時計をつくろうの画像やさしい標本づくりの画像ひかる石をとりだそうの画像いきものおりがみの画像

それぞれ難しいところもありましたが、参加者のみなさんは熱心に取り組んでくれました。

この他に両日とも、「ザリガニつり体験」と「おし花やスクラッチアートのしおりづくり」のコーナーもありました。

ザリガニつりの画像スクラッチアートの画像おし花のしおりの画像

室内でザリガニつりの体験ができるとあってみなさん楽しそうです。

しおりづくりは大人のかたもお子さんも素敵なものが出来上がりました。

電話をして下さったのに定員に達してしまい申込ができなかったみなさん、大変申し訳ありませんでした。来年度は人数制限をしないでたくさんの方々に自由に参加していただけるようになっているといいなあと思います。

星空観察会:夏の星空

開催日:2021年8月28日(土曜日)

天気:晴れ

開始時間が早かったため、そとはまだ明るく、解説の順番を入れ換え、初めに星座早見盤の使い方を説明しました。配布した星座早見盤を早速皆さん使いこなしていました。その後講師から映像で本日の星空解説がありました。見やすい映像と分かりやすい解説で小さなお子様もいましたが、静かにまた熱心に聞いていただきました。

講座開始場面の画像星座早見盤の使い方説明場面の画像星座早見盤使用中の画像

あたりも暗くなったころ屋上に上がり、木星や金星を望遠鏡で観察しました。接眼部に参加者にご持参いただいた食品ラップをその都度あてたり、パソコンの画面に対象の天体を映して見たり、感染防止対策をしながら観察しました。

木星観察中の画像星座観察中の画像パソコン画面で観察中の画像

いったん休憩をとりその後は、土星とはくちょう座の二重星アルビレオを観察しました。また、望遠鏡を覗く順番を待つ間に、星座早見盤を使用しながら、星座を探す皆さんも大勢いました。次回は冬の星空観察などがあることをお話して終了しました。


ページトップへ