このページの本文へ移動
ページの先頭です。

本文


みどりパル活動報告(日誌2021年7月)

掲載日:2021年8月16日更新

昆虫ウォッチング:夏

開催日:2021年7月18日(日曜)

天気:晴

今回も講師は「齋藤良夫先生」「築比地秀夫先生」です。

まず、センターの入り口の付近で捕虫網の使い方のレクチャーを受けました。

そしてセンター観察池のミニ彩湖周辺で昆虫探しです。チョウトンボやアメンボなどがたくさん観察できました。

捕虫網の使い方の画像ミニ彩湖のまわりでの昆虫観察の画像

つづきまして、はらっぱに移動してバッタ探しです。ところが、暑いからかまったく昆虫が出てきません。それでもみなさん熱心に探していました。

帰りの通路でクワカミキリも発見。

はらっぱで昆虫探しの画像クワカミキリの画像

熱中症に注意しながらの観察会になりました。加えて新型コロナ感染症対策のために、マスクもしているのでますます熱く感じられました。

早めに学習室にもどり、採集した昆虫の観察をしながら、質問タイムです。

昆虫の説明の画像

昆虫ウォッチング秋もお楽しみに。

講座「昆虫標本をつくろう」

開催日:2021年7月27日(火曜)28日(水曜)

天気:晴

夏休みの自由研究にもでき昆虫の体の仕組みもわかる講座です。昆虫は外来種としての駆除をおこなった昆虫などを使用しました。

ホワイトボードの画像

コウチュウは特定外来生物の「クビアカツヤカミキリ」、セミは外来種のタケオオツクツク、チョウはツマグロヒョウモンを使いました。

標本を作製している画像標本作成の画像

初めて標本をつくる方ばかりでしたが、皆さん3種類を頑張って標本にすることができました。

次回8月21日(土曜)の仕上げの日まで、センターで預かって乾燥させます。家でも標本が作れるように簡易的な展翅板をお渡ししましたので、もしかして家でも作っているかな?


ページトップへ