このページの本文へ移動
ページの先頭です。

本文


みどりパル活動報告(日誌2021年5月)

掲載日:2021年5月31日更新

講座「春の野草をたのしもう」

開催日:5月9日(日曜)

天気:晴れ

センターの周りには、たくさんの野草が生育しています。特にこの季節は植物全体に勢いがあり見頃を迎えています。その姿をみなさんに観察してもらおうと、「春の野草をたのしもう」を開催いたしました。

参加者は室内で諸注意などを聞いたあと、さっそく講師と外へ観察に。スロープ付近からミニ彩湖、彩湖周辺、バーベキュー広場などのコースを回りました。

スロープ付近では、エノキの葉脈を見たり、イタドリやヘクソカズラなどの説明があり皆さん熱心に耳を傾けていました。

スロープでの画像スロープ付近の観察の画像

次はミニ彩湖に移動し、トダスゲやアヤメの仲間、ハンゲショウやショウブ、チョウジソウなど湿地を好む野草を観察しました。

ミニ彩湖観察の画像

彩湖畔では、一面シロツメクサが敷き詰められ休憩中、四つ葉のクローバーを探したり花を摘む姿が見られました。

彩湖畔で観察の画像

バーベキュー広場では、トチノキとホウノキの葉の見分け方やイロハモミジの種の形やハリエンジュの甘い香りを楽しみました。

ホウノキの観察の画像通路での観察の画像

帰りは自然観察路を通りアカツメクサとヤセウツボの関係の説明を聞き、センターに戻りました。2時間という短い時間でしたが、講師と一緒に5月の空の下で楽しく観察が出来ました。

なかなか講座が開催できない中、この講座は開催できてスタッフもほっとしました。

また、講座の企画をねりつつ、お待ちしております。


ページトップへ