このページの本文へ移動
ページの先頭です。

本文


日誌2020年2月

掲載日:2020年2月18日更新

彩湖自然学習センターのスタッフが、講座や季節の話題の情報発信をしています。

講座「星空観察会:冬の星空」

開催日:2020年2月1日(土曜)

大変良い天気になりました。ただし強風です。講師の戸田天文同好会の方から今晩の見どころを説明していただき、早速屋上で1回目の観察です。天体望遠鏡で月や金星、おうし座のプレアデス星団を観察しました。

講座開始の写真望遠鏡で観察中の写真1天体望遠鏡で観察中の写真2

部屋に戻り星座早見盤の使い方を学習しました。持ち帰っていただき自宅でも夏休みでも使って活用いただくようお話しました。

星座盤使用法説明中の写真1星座盤使用方法説明中の写真2星座早見盤の学習中の写真2

天体望遠鏡では、この日月面エックスが見えていて、多くの皆さんにアルファベットのエックスの形が月の欠け際に光るのを見ていただけたようです。観察会の観察中に見えるのは大変ラッキーでした。

星座盤使用中の写真星座盤屋上で使用中の写真観察中の写真3

講座「野鳥観察:晩冬」

開催日:2020年2月9日(日曜)

天気予報では、雪になる心配もありましたが、良く晴れました。ただし、吹き飛ばされそうな強風です。講師の説明や双眼鏡の使い方を教えて頂きバスに乗り込み出発です。

バスに乗り込み中の写真水鳥観察中の写真水鳥の群れの写真

今回はカマキリ公園側までバスを走らせました。講師の先生方の的確なご案内によりこちら側から多くの水鳥を観察できました。強風を避けることも兼ねて観察場所を埼魂大橋下に移動しました。到着早々講師よりハヤブサが見えるとの声が上がり全員双眼鏡・スコープを橋の下のハヤブサに向けました。観察終了後、センターには10分ほど前に到着し鳥合わせをして終了しました。

ハヤブサ観察中の写真ハヤブサはどこか、鳥併せ中の写真

来年度も5月には野鳥観察:初夏がありますので、冬とは違う種類の野鳥を観察に皆様お越しください。

講座「竹を使ったものづくり」

開催日:2020年2日16日(日曜)

天気:雨

竹は工作しやすい材料ですが、道具を正しく使わないと危険な場合があるため、講座では必ず職員が最初に演示します。いろいろな道具をまんべんなく使う一輪挿しを作って道具の使い方を見ていただきました

道具の使い方演示中の写真参加者作成中の写真材料を割る作業中の「写真

いよいよ参加者の皆さんが作り始めました。参加者の皆様もノコギリ、ナタ、キリ等道具を上手に使って色々な物を作ります。できあがった作品のいくつかを掲載します。

作品1の写真作品2の写真作品3の写真

作品4の写真作品5の写真作品6の写真

作品7の写真作品8の写真作品9の写真

作品10の写真

 


ページトップへ