このページの本文へ移動
ページの先頭です。

本文


日誌2019年8月

掲載日:2019年9月12日更新

彩湖自然学習センターのスタッフが、講座や季節の話題の情報発信をしています。

「彩湖わくわく2days」

開催日:2019年8月3日(土曜日)、8月4日(日曜日)

天気:晴れ

今年も、無料で1日楽しめるイベント「彩湖わくわく2days」を開催しました。
プラバンでアクセサリーを作ろう、若葉のしおりづくり、ぬりえ、昆虫クラフト、、ピンホールカメラなどのいろいろなワークショップ、微生物や昆虫を拡大して見る顕微鏡観察コーナーを設けました。

プラバンづくりの写真若葉のしおりづくりの写真チョウを飛ばそうの写真

この他にも、お箸でドングリをいくつつかめるか挑戦するコーナーでは、親子、兄弟、お友達と大盛り上がりでした。顕微鏡では、センター周辺の水辺の水の中のミジンコを、拡大してみました。顕微鏡でないと見えないくらい小さな生き物がドクドク心臓が脈打つところが見えました。びっくり仰天です。

どんぐりつかみの写真ピンホールカメラの写真ミジンコの写真

若葉のしおりづくりでは、道満の植物の葉を使った自分だけのしおりを作っていました。たくさんの方が参加してくださり、お土産も持ち帰りでき、楽しく過ごしていただけたものと思います。

ご来館いただいた皆様、ありがとうございました。来年はこの文をお読みの皆様もぜひお越しください。

夜のいきものたち

開催日:2019年8月10日(土曜日)

天気:晴れ

昆虫観察の中で最も人気のある夜の昆虫観察会です。彩湖自然学習センターに夕方集合し、標本を見ながら先生のお話を聞いている内に外はすっかり暗くなっています。皆で懐中電灯を持って夜の森に出発です。

事前研修の写真クワコのまゆを観察中の写真アブラゼミ羽化の写真

夜道を進むと木の枝の先で羽化するアブラゼミを見つけました。さらに進むとライトトラップと言って白い布地に光をあて昆虫を呼び寄せる仕掛けが見えてきました。昼間見る昆虫たちが夜も活発に活動している様子を見ることができました。

ライトトラップの写真アブラゼミ羽化2の写真カブトムシの写真

観察場所は、クヌギの木が多い所で、アブラゼミがあちらこちらで羽化していました。センターへの帰り道ではカブトムシも見つけることができ大満足の観察会でした。センターに戻り、先生のまとめのお話を聞いて夜の観察会はお開きとなりました。

星空観察会:夏の星空

開催日:2019年8月24日(土曜日)

天気:曇一時晴

本日は映像解説の後、星座早見盤の使い方を皆で覚えました。まだ空は曇っていましたが、屋上で方位の確認の後、星座早見盤をあちらこちらに向けて、晴れていればこちらの方向にさそり座がいるはずなどと話しながら使い方を確認しました。次に望遠鏡の仕組みの観察がてら景色を眺めました。花火などを見ていると、こと座のベガが現れました。次に木星、続いて土星が現れました。

星座早見盤の使い方を勉強中の写真屋上で星座盤使用中の写真望遠鏡で景色観察中の写真

雲の間に出たり消えたりで忙しかったですが、何とか全員で木星と土星を見ることができました。

屈折望遠鏡観察中の写真屈折望遠鏡で観察中の写真星座盤使用中の写真

冬の空はもっと澄んでいて、有名なオリオン座なども見えますので、お出でいただくようご案内して、今回の観察会は終了しました。


ページトップへ