このページの本文へ移動
ページの先頭です。

本文


住民基本台帳カードの交付に関する要領

掲載日:2014年8月28日更新

戸田市住民基本台帳カードの交付に関する要領(案)についての意見募集  市民生活部 市民課

住民基本台帳ネットワークシステム(以下「住基ネット」という。)は、2002年8月5日に第1次稼働を実施したところです。住基ネットは、4情報(氏名・生年月日・性別・住所)、住民票コードとこれらの変更情報により全国共通の本人確認を可能とする地方公共団体共同のシステムで、電子政府・電子自治体を実現するための基盤となるものです 。
住基ネットの第2次サービスとして、2003年8月25日から、住民票の写しの広域交付等のサービスがスタートし、この住基ネットに参加しております全国どこの市区町村でも住民票の写しの申請・交付が可能となります。そこで、その申請に必要な住民基本台帳カード(住民基本台帳法第30条の44)を希望者に有料で交付するための手続きを定めた「戸田市住民基本台帳カードの交付に関する要領」を制定するに先立って、市町村の判断で処理する部分について、市民の皆様のご意見を募集いたします。

募集期間:2003年5月20日(火曜)から2003年6月19日(木曜)まで

意見募集期間は、終了しました。

ご意見と市の回答はこちら

ご意見は、ありませんでした。

ページトップへ