このページの本文へ移動
ページの先頭です。

本文


彩湖道満グリーンパーク駐車場の有料化

掲載日:2014年8月28日更新

彩湖・道満グリーンパーク駐車場有料化の概要

彩湖・道満グリーンパークは、1997年5月に開園されて以来、市民をはじめ多くの方に憩いの場所として、また、釣りやスポーツのできる公園として親しまれています。
さらに、公園の立地条件から来園者のほとんどが車両を利用しているため、駐車場が飽和状態となっています。また、園内の駐車場を始めとする施設整備や維持管理につきましては、毎年多額な費用を市費から支出しています。
これらのことから民間経営の手法を活かして駐車場の適切な運営及び、維持管理のため受益者負担の原則に基づいて、駐車場利用者から下記の内容により利用料金を徴収することとします。つきましては、彩湖・道満グリーンパーク駐車場の有料化について、皆様のご意見を伺います。

有料化の目的及び効果

目的

  1. 現状では、満車時において良好とはいえない利用状態にあり、これを改善し適正な駐車台数の確保及び効率的な駐車場運営を実施します。
  2. 利用者から利用料金を徴収し、駐車場の維持管理に役立てます。

効果

  1. 駐車場の適正な運営及び維持管理を行うとともに収益は、公園の維持管理事業の一助となります。
  2. 市財政の軽減に役立ちます。

有料化の上位計画

戸田市第3次総合振興計画(2003年3月策定の実施計画による)

戸田市第3次行政改革大綱(2001年4月策定による)

利用料金の徴収方法

  • 機械による精算

駐車可能台数

  • 1,122台(2003年9月1日現在)

利用料金

  • 利用料金については、休日、祝日は2時間までを200円程度、平日は2時間まで100円程度とし、その後一定の時間が経過するごとに増額する予定としています。

利用料金徴収開始日

  • 2004年10月1日

維持管理費等


ページトップへ