このページの本文へ移動
ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 市政情報 > 広報 > 記者発表 > 記者発表 > 自転車交通安全教室を開催

本文


自転車交通安全教室を開催

掲載日:2014年8月28日更新

内容

スケアード・ストレイトとは、「恐怖を直視する」という意味で、スタントマンが交通事故を再現し、その恐ろしさを体験させる教育です。スタントマンによるリアルな交通事故仮想体験などにより、「ひやっと・ハッと」する場面を通して、社会通念上望ましくない行為を自主的に行わせないようにすることを目的としています。

また、戸田市は、全市域が平坦な地で、多くの市民が自転車を利用する一方で、自転車事故が県内ワースト1位という不名誉な状況です。県知事から4月1日に「自転車安全利用重点推進市」の指定を受けたことを踏まえ、市では、一人でも自転車事故が減少するように「自転車安全利用対策実施計画」を策定し、安全利用の啓発を推進しています。

今回、交通ルール無視の自転車事故を再現し、事故の結果を直視させることで、市民の交通安全意識が向上されることを期待しています。

とき

2012年(平成24年)7月29日(日曜)、午前10時30分~

ところ

戸田市役所駐車場

お問い合わせ

防犯くらし交通課 電話:048-432-2222(内線263)


ページトップへ