このページの本文へ移動
ページの先頭です。

本文


市民の声から改善した事例

掲載日:2014年8月28日更新

市民の声を生かしたまちづくり

市では、市民の皆さんからいただいたご意見やご提案などを市政運営に生かし、まちづくりを進めています。ここでは、皆さんからの提案が市の施策として反映した事例を紹介します。

歩道の舗装修繕

市民の声

子どもを市内の保育園に通わせているが、園の近くの歩道が舗装されておらず、子どもと「ガタガタ道」と呼んでいる。ベビーカーが押しにくく、何より子どもが転んだら怪我をしそうで危ない。ぜひ歩道の整備もお願いしたい。

修繕前の写真

市の対応

現地を確認したところ、ご指摘のとおり舗装の表面が荒れておりました。近日中に補修工事を実施したいと考えておりますので、いましばらくお待ちください。

修繕後の写真

図書館の開館時間の延長

市民の声

図書館の開館時間を延長してほしい。学校が終わってから図書館に行くとあまり時間が取れず、集中して読書や勉強をすることができない。

市の対応

本館では、2012年(平成24年)11月から平日午前9時開館を実施しております。2013年(平成25年)7月からは、防犯面に考慮しながら平日の開館時間を午後8時まで延長する予定です。今後とも、市民の皆様のニーズやご意見を参考としてまいります。

道路の陥没箇所

市民の声

深さ20センチメートルほどの道路の陥没が発生している。工事の埋戻し箇所と思われますが、アスファルトがはがれ、夜間自転車などで通行する時、何度か転倒しそうになった。このままだと、大事故に至る恐れもあるので、大至急修復していただきたい。

市の対応

調査の結果、ガスの工事跡と判明し、即日ガス会社にて応急処置を実施しました。翌日には、通常の加熱合材での舗装を実施し、安心して通行いただけるようになりました。ご指摘いただいたことで、未然に陥没による事故を防げました。ありがとうございます。


ページトップへ