このページの本文へ移動
ページの先頭です。

本文


解体中の市内小学校を利用して救助訓練を実施

掲載日:2021年6月17日更新

建物火災を想定した救出訓練

世代交代が進み若い隊員が増えているなか、隊員の経験不足を補うことが課題となっています。戸田市消防署では令和3年(2021年)6月3日木曜日、5日土曜日に、解体予定の市内小学校を使用し、ドア開放訓練など実践さながらの訓練を実施しました。

訓練の様子

小学校と消防車の画像扉を切断している救助隊員の画像シャッターを切断している救助隊員の画像

 


ページトップへ