このページの本文へ移動
広報戸田市 2018年6月1日号

本文

 市は財政状況を市民の皆さんにお知らせするため、毎年2回財政状況を公表しています。今回は、2017年度下半期(2018年3月31日現在)の財政状況についてお知らせします。

 2017年度は、限られた財源を有効的に各事業に配分し、経費全般の削減を図りながら、計画的・効率的な予算執行に努めました。各会計の予算執行状況は、一般会計では予算に対する収入割合が95.1パーセント、支出割合は87.0パーセントとなっています。なお、数字は2018年3月31日現在のもので、出納整理期間(2018年4月1日~5月31日)の数字は含まれません。このため最終的な決算額とは異なります。2017年度決算については、確定次第、市ホームページ・広報戸田市などでお知らせします。

  • 総務費 45,225円
    事務管理費、税務、住民登録などに
  • 民生費 156,931円
    児童・障害者・高齢者の福祉などに
  • 公債費 16,579円
    市債(市の借金)の返済に
  • 土木費 27,955円
    道路・公園の整備などに
  • 消防費 11,018円
    消防活動・救急活動などに
  • 教育費 30,372円
    学校教育・生涯学習などに
  • 衛生費 21,337円
    保健・健康、ごみ処理などに
  • その他 21,912円
    市議会、商工業の振興などに

市民一人当たりの歳出額 331,329円

(注釈)2016年度:322,997円

2017年度一般会計の概要

歳入 収入済額 収入割合
市税 273億0,063万9千円 95.0パーセント
国庫支出金 85億5,773万円 96.0パーセント
県支出金 20億7,652万4千円 75.8パーセント
繰越金 22億7,844万4千円 89.2パーセント
地方消費税交付金等 26億5,930万1千円 106.2パーセント
諸収入 20億1,874万5千円 107.2パーセント
市債 16億1,450万円 96.9パーセント
繰入金 15億0,069万7千円 98.7パーセント
その他の歳入 23億0,318万円 95.8パーセント
歳入合計 503億0,976万円 95.1パーセント

(2018年3月31日現在)

歳出 支出済額 支出割合
民生費 218億0,701万8千円 87.6パーセント
総務費 62億8,447万円 87.6パーセント
教育費 42億2,047万1千円 85.3パーセント
土木費 38億8,468万8千円 78.7パーセント
衛生費 29億6,499万1千円 84.7パーセント
公債費 23億0,378万3千円 89.2パーセント
消防費 15億3,103万2千円 89.6パーセント
その他の歳出 30億4,505万1千円 96.1パーセント
歳出合計 460億4,150万4千円 87.0パーセント

(2018年3月31日現在)

2017年度会計別予算執行状況

区分 予算現額 収入割合 支出割合
一般会計 529億2,778万5千円 95.1パーセント 87.0パーセント
特別会計 国民健康保険 147億3,446万4千円 89.5パーセント 88.0パーセント
中小企業従業員退職金等福祉共済事業特別会計 10億4,458万8千円 80.1パーセント 79.8パーセント
市民医療センター 7億8,049万4千円 86.7パーセント 85.7パーセント
交通災害共済事業 906万円 134.4パーセント 55.4パーセント
海外留学奨学事業 1,082万5千円 47.9パーセント 46.5パーセント
火災共済事業 392万6千円 97.5パーセント 38.1パーセント
介護老人保健施設事業 6億6,741万6千円 86.8パーセント 84.9パーセント
新曽第一土地区画整理事業 15億8,497万6千円 86.3パーセント 65.1パーセント
介護保険 62億2,335万1千円 95.6パーセント 87.4パーセント
新曽第二土地区画整理事業 5億2,007万円 78.8パーセント 72.0パーセント
後期高齢者医療 10億6,599万9千円 95.7パーセント 91.4パーセント
在宅介護支援事業 1億0,620万9千円 85.0パーセント 100.0パーセント
特別会計合計 267億5,137万8千円 90.2パーセント 85.9パーセント
合計 796億7,916万3千円 93.4パーセント 86.6パーセント

(2018年3月31日現在)

市の財産

  • 市有地
    1,288,832.58平方メートル(1人当たり9.27平方メートル)
  • 建物
    284,692.15平方メートル(1人当たり2.05平方メートル)
  • 基金等残高
    137億3,460万6千円(1人当たり98,839円)

市債の現在高

 市債は、市民の皆さんが長い間使用する公共施設を整備するための資金で、一時的な財政負担とせず、国などから長期にわたり借入れしたものです。

2016年度 2017年度
一般会計 242億8,517万8千円 235億2,633万8千円
特別会計 市民医療センター 13億1,644万8千円 12億4,472万6千円
介護老人保健施設事業 25億7,429万6千円 24億8,730万5千円
新曽第一土地区画整理事業 6億8,866万4千円 5億5,207万4千円
新曽第二土地区画整理事業 4億5,940万円 4億1,134万円

(2016年度は年度末残高、2017年度は2018年3月31日現在)

主な基金の現在高

 基金は、特定の目的のために資金を積み立てたり、定額の資金を運用したりするために設置されるものです。

財産を維持し、資金を積み立てるために設置された基金

2016年度 2017年度
財政調整基金 46億7,818万2千円 49億1,146万8千円
都市開発基金 12億8,859万円 9億7,044万3千円
公共施設等整備基金 14億6,411万1千円 39億8,197万1千円
環境対策基金 2億1,473万5千円 2億0,250万7千円
教育基金 2億円 1億9,960万5千円

(2016年度は年度末残高、2017年度は2018年3月31日現在)

定額の資金を運用するために設置された基金

2016年度 2017年度
まちづくり土地開発基金 26億2,407万円 26億2,456万3千円

(2016年度は年度末残高、2017年度は2018年3月31日現在)


お問い合わせ

ページトップへ