このページの本文へ移動
広報戸田市 2018年6月1日号

本文

2020年7月24日(金曜日)に開会する東京オリンピックまでもうすぐ2年となります。 東京2020大会を身近に感じ、機運を高めていただけるように、オリンピック・パラリンピックに関することや戸田ボートコースの歴史などについて、3カ月に一度の連載でご紹介します。

ボートの聖地 戸田ボートコース

 戸田ボートコースは、1964年の東京オリンピックが開催されたときに、ボート競技の会場として世界中から選手たちが集い競い合いました。最終日は強風によりレースが遅れたため、男子エイト(8人乗り)の決勝戦は、「夕やみの中の大レース」と評され、ゴールの際、照明弾が上げられて判定されました。また、優勝したアメリカ合衆国が参加した表彰式は消防車のライトに照らされて行われました。

 現在でも、国際レースをはじめ、毎年、全日本クラスの大会が数多く開催されることから「ボートの聖地」と呼ばれ、日本中のオアズパーソン(ボート競技選手)にとって憧れの地として有名な場所となっています。

「東京五輪音頭 2020」のCDを貸し出しています

 「東京五輪音頭 2020」のCDを文化スポーツ課で貸し出しています。老若男女はもちろん、車いすの人も楽しく踊ることができる振り付けです。ぜひ、お祭りや盆踊りなどで使用してみませんか。歌や振り付けは特設ホームページ(https://tokyo2020.org/jp/special/ondo/)で確認できます。

(注釈)貸出は原則1カ月以内。詳しくはお問い合わせください


お問い合わせ

ページトップへ