ページの先頭です。
トップページ > 組織からさがす > 水道施設課 > 水道管の凍結について


水道管の凍結について

掲載日:2018年12月26日更新

 冬の季節、気温の低下によって、屋外の露出している水道管や、ご家庭の水道管が凍結し水が出なくなったり、管が破裂することがあります。そうならないよう水道管にも防寒対策を行ってください。

 ご家庭でできる防寒対策

 水道管が直接外気に触れないよう、保温剤を巻きつけ、その上からヒモでしばって固定し、保温材が濡れないようにビニールテープ等で下から隙間無く重ねて巻きます。

(注釈)保温材は、市販されているものの他に、毛布、発泡スチロール等ご家庭にあるものでも代用できます。

 また、このような対策が出来ない場合は、気温の低下により、水道管の凍結が予想される前日の夜から、糸を引く程度の少量の水を流しておくことで、凍結を防止できます。

凍結した場合は

万一凍ってしまった場合は、自然に溶けるのを待つか、凍った部分にタオルを被せ、ぬるま湯をゆっくりかけて溶かしてください。

(注釈)熱湯をかけると、水道管や蛇口が破裂することがありますので、必ずぬるま湯をかけてください。

水道管が破裂し漏水した場合は

水道管が破裂し、漏水してしまった場合は、早急な対応が必要です。詳しくは漏水についてをご覧ください。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。