ページの先頭です。
トップページ > 組織からさがす > 消防署 > 消防救助技術指導会に向けた訓練(水上の部)


消防救助技術指導会に向けた訓練(水上の部)

掲載日:2017年5月20日更新

消防救助技術指導会とは

消防救助技術指導会とは、日頃鍛え抜いた救助技術を披露し、競い、学ぶことを通じて、他の模範となる消防救助隊員を育成し、全国市民の消防に寄せる期待に力強く応えることを目的として年に一度開催されるものです。

水上の部の種目

水上の部には8種類の訓練があります。内容については下記のとおりです。
種目名:基本泳法、複合検索、溺者搬送、人命救助、水中結索、溺者救助、水中検索救助、技術訓練

出場について

平成29年6月23日金曜日に実施される第44回埼玉県消防救助技術指導会(水上の部)に戸田市消防本部の代表として、人命救助1チーム、基本泳法1名及び複合検索に1名出場します。

出場種目の紹介

人命救助:浮環や長い棒等の道具を活用して救助することができない場合を想定し、隊員がロープをたすき掛けにして要救助者の位置まで泳ぎ、ロープをたぐり寄せて水面から救助した後、再び水没しつつある要救助者を救助する訓練です。
基本泳法:「じゅんか飛び込み」で入水した後、常に顔が水面に出た状態で、基本的な泳法である「ぬき手」と「平泳ぎ」でそれぞれ25メートルずつ泳ぎ、水難救助の基本的な泳法を習得するための訓練です。
複合検索:マスク、スノーケル、フィンを着装し、スノーケリングで障害物(救命浮環)を突破しながら水中に沈められたリングを検索して、引き揚げる。水中の行方不明者の捜索を想定した訓練です。

訓練風景

水上の部訓練種目である、人命救助を実施している様子
水上の部訓練種目である人命救助を実施している様子

第44回埼玉県消防救助技術指導会(水上の部)について

開催場所:県営大宮公園水泳場・大宮公園内(さいたま市大宮区高鼻町4丁目地内)
日時:平成29年6月23日金曜日(8時15分開会式、訓練開始9時00分)
その他:第44回埼玉県消防救助技術指導会(水上の部)については一般見学可能です。見学される方は、公共交通機関をご利用願います。(車両でのご来場はご遠慮ください。)
ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。