ページの先頭です。


応急手当

掲載日:2019年1月8日更新

いざというときにそなえて、応急手当のやり方について勉強しましょう

応急手当について

私たちは、いつ、どこで、突然の病気や怪我におそわれるかわかりません。そんなときに、家庭や学校でできる手当を『応急手当』といいます。
けがや病気の中でも最も重篤で緊急を要するものは、心臓や呼吸が止まってしまった場合です。心臓や脳の病気、プールで溺れる、喉に物を詰まらせたなど、なにもしなければ心臓や呼吸が止まってしまう可能性があります。
こんな人の命を救うために、そばに居合わせた人が出来る応急手当のことを『救命処置』といいます。
大切な人の命を救うため、救命処置を身に付けてください。一人でも多くの命を救うためには、みなさんの力が必要です!!

応急手当について学びましょう

消防署では心肺蘇生法やけがの手当てについての講習会を開催しています。
詳しくは消防署のホームページをご覧ください。
ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。