ページの先頭です。


熱中症予防のために

掲載日:2018年7月31日更新

熱中症とは

高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく動かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく、室内で何もしていない時でも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

熱中症の症状

  • めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い。
  • 頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う。
  • 返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い、運動障害。
  • 特に意識障害や運動障害、けいれんなどの症状は重症です。すぐに救急車を呼んでください。

熱中症対策について

  • 暑さの感じ方は人によって異なります。その日の体調や、暑さに対する慣れなどが影響します。体調の変化に気をつけましょう。
  • 熱中症患者の多くは65歳以上の高齢者です。「暑さを感じにくい」「のどの渇きを感じにくい」「汗をかきにくい」など、身体機能の低下が要因となっており注意が必要です。
  • 子供は体温調節機能がまだ十分に発達していないので、気を配る必要があります。また、地面の照り返しにより、高い温度にさらされていることにも注意をはらわなければなりません。

室内では

  • 扇風機やエアコンで温度を調節。
  • 遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用。
  • 室温をこまめに確認。
  • 暑さ指数を参考にする。

「暑さ指数」とは、気温、湿度、輻射熱または放射熱から算出される暑さの指数のことで、運動や作業の度合いに応じた基準値が定められています。

外出時には

  • 日傘や帽子の着用。
  • 日陰の利用、こまめな休息。
  • 天気の良い日は、日中の外出をできるだけ控える。

からだの蓄熱を避けるために

  • 通気性のよい衣服、吸湿性や速乾性のある衣服を着用する。
  • 保冷剤、氷、冷たいタオルなどで体を冷やす。

こまめに水分を補給

室内でも外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給しましょう。大量に発汗する状況では、経口補水液などの塩分等を含んだ水分を補給しましょう。

熱中症についての情報はこちら

厚生労働省

熱中症関連情報[施策紹介、熱中症予防リーフレット、熱中症診療ガイドラインなど]

「健康のため水を飲もう」推進運動

Stop熱中症 クールワークキャンペーン[職場における熱中症予防対策]

環境省

熱中症予防情報[暑さ指数予報、熱中症環境保健マニュアル、熱中症予防リーフレットなど]

気象庁

熱中症から身を守るために[気温の予測情報、天気予報など]

異常天候早期警戒情報

消防庁

熱中症情報[熱中症による救急搬送の状況など]

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。